在宅ビジネスの広告掲載

在宅ビジネスを考えている人が最近増えているという事で、今日は少し在宅ビジネスについて書きたいと思います。
プロという言い方はおかしいかも知れませんが、まあようするに、それが本業という事ですね。
月収は30万円前後ですが、必要経費の実に少ない在宅ビジネスですから、それで十分生計は成り立っています。
中には、その企業の商品が売れて始めて収入になる場合も少なくないので、結構ギャンブル制の高い仕事なんですよね。
自分のペースで仕事をして、自分のペースで生活している、実にお気楽な在宅ビジネスウーマンでございます。
だから、当初は就職活動の合間に暇つぶしにやって、僅かな小銭を稼いでいたという感じでしたね。
在宅ビジネスだけで食べられるようになったのは、今の仕事を始めてから1年以上たってからの事ですね。
私がやっている在宅ビジネスは、自分の投稿するブログに他の企業の広告を掲載するという仕事。
勿論、初期投資もゼロでスタートしましたので、借金を返す必要も、元手を取り戻す必要もありません。

在宅ビジネスが軌道に乗り始めてから半年位して、思い切って本職にしようと決めました。
ただ、在宅ビジネスの初心者に人気のネットショップのように、初期費用がかかりません。
在宅ビジネスなんていう言葉、全く考えてもいなかったし、まさか将来、それで生活する事になるなんて、想像もしていませんでした。
そして、そんなPCとネットを使った在宅ビジネスの中でも、このアフィリエイトという仕事は、最も手軽に気軽に始められます。
俗にいうアフィリエイトで、一人でも多くの方に読んでもらい、そのリンクにアクセスしてもらえるような記事を書くのが腕の見せ所です。
ただし、その広告がお金を生み出してくれるかどうかという保証は全くありませんし、それが在宅ビジネスになるかどうかという予測も立ちません。
ただ、ブログやホームページでの広告掲載、所謂アフィリエイトと在宅ビジネスとは、今や切っても切れない関係にあるのは間違いなさそうです。
ネットの情報はネットで調べるのが一番、そうしたアフィリエイトや在宅ワークの情報を取り上げたブログやサイトは沢山ありますから、いくらでも勉強は出来ると思いますよ。
広告掲載のお仕事、アフィリエイト、まあ、初心者の方には悪くはない在宅ビジネスの一つと言えるのではないかと、私は感じていますね
posted by ome at 16:53 | 日記

在宅ビジネスとメルマガ


まあ、それも計算のうちで、1,000通送って1通見てもらえれば、それで在宅ビジネスの宣伝効果は十分あるという人もいますけどね。
ただ、SOHOを構えて、在宅ビジネスを本業にするとなると、これがかなり大変。
現実に、今それで何とか生活している友人がいるのですが、将来はどこかの会社にちゃんと就職したいと言っています。
かと思うと、会社にいるのが嫌で、在宅ビジネスで何とか生活出来るようになりたいと密かに考えている友人もいるんですよね。
サラリーマンやOL、主婦や学生がお小遣い稼ぎとしてやる在宅ビジネスは結構いいと思うんです。

在宅ビジネスを成功させるためのHow toサイトやメルマガというのも多数リリースされています。
これは友達から聞いた話なのですが、登録しておくと、そんなメールをくれるサイトやブログもあるとかないとか・・・。
やはり、ああいうのは効果があるものなのでしょうか、よく携帯に送られて来ると、迷惑メール扱いされる事も多いような気がするのですが・・・。
中には、自分の在宅ビジネスを優先的に宣伝してくれるメールマガジンを大量配信してくれる企業なんていうのも登場して来ているんですね。
でも、私なんかは、知らないアドレスのメールが来たら、開かずしてすぐに完全削除しちゃう方ですね。
在宅ビジネスを巡って、近年、私の周囲の人たちの勤労観は随分試行錯誤しているようです。
それは文章を書く事や、ページレイアウトのデザインをする事が得意な人でないと難しい仕事ではありますが、そこそこ収入にはなるようです。
そういうのなら、才能があって、チャンスにさえ恵まれれば、是非ともやってみたい在宅ビジネスの一つですね。
今やそんな感じで、在宅ビジネスとメールマガジンは密接な関係にあるようです。
たまたま送られてきたメルマガを読んだだけで、本当にまとまった副収入が得られるのなら、実に有り難い話。
私も少しは迷惑メールの中身に関心を持って、そうした在宅ビジネスの情報ならチェックしてみた方がいいかも知れませんね。
また、そうした人様のメルマガを作る在宅ビジネスというのも存在するんですね。
やはり、自分が在宅ビジネスに手を出して、成功出来そうなノウハウを提供して暮れるメルマガに価値があると言えるでしょうね。
実は今、その友達が、仕事の合間にネットビジネスのような事をやり始めているんですよ。
だから、彼女がそこそこその在宅ビジネスに成功したら、私も真剣に考えてみようと、様子を伺っている真っ最中です。
彼女のその後の経過については、また時々このブログにも書きたいと思っています。
posted by ome at 16:53 | 日記

在宅ビジネスの初期投資ゼロの方法


初期投資ゼロという文字を見て、一瞬いいなぁっと思う者の、何となく怖い、そんな印象を持たれる方も多い事でしょう。
だったら、半年間位は、初期投資ゼロの作業をチマチマしながら、在宅ビジネスについてのノウハウを身につけるというのも一つの手です。
大手食料品メーカーに勤めるサラリーマンで、見るからに仕事人間という感じの男でしたから、正直ちょっと驚きました。
けれど、今年に入って、同様の質問を他にもされた事があるので、近頃は在宅ビジネスを真剣に考えている人が多いという事を実感させられます。
ただ、長年会社一筋でやって来たために、中々外の世界が見えない人も少なくないようで、行ったん飛び出すと、トラブルに巻き込まれる事も多々あるようです。
事実、インターネットの在宅ビジネス関連の広告やアフィリエイトを見ていると、初期投資ゼロと書かれているものもあれば、多額の初期費用がかかるものもあります。
まあ、別に小生がその詳しい人という訳ではありませんが、一応去年の夏から自宅マンションにSOHOを構え、生計を立てさせてもらっております。

在宅ビジネスに関する質問で最も多いのが初期費用についてです。在宅ビジネスの探し方や成功法、あるいは危険性についてなど。
世の中美味しい話には要注意というのが鉄則ですし、初期投資ゼロの在宅ビジネスの中には、アフィリエイトという、初心者には余りなじみのない作業が目立ちます。
その点、分かりやすくて、初心者に人気なのがネットショッピング。
しかし、お金を出してしまってからではもう遅い事の方が多いんです。
はっきり申し上げて、在宅ビジネスでこの元金を取り戻すのは大変な事です。

在宅ビジネスの基本は稼ぐ事を考えない事ではないでしょうか。
ところが、こちらの在宅ビジネスには、多額の初期費用がかかる事が少なくないんですよね。
勿論、初期投資ゼロの在宅ビジネスの中には、後々やっかいな事に巻き込まれる事になりそうなものも少なくありませんから、気を付ける必要は十二分にあります。
どうしてもネットショップをやりたければ、最初は無料お試し体験という形の在宅ビジネスを選ばれるといいでしょう。
まずは、なるべく在宅ビジネスで損をしない事を考える方が無難だと思いますね。
確かに、初期費用のかかる在宅ビジネスは、何のノウハウもなくても、誰でも簡単にスタート出来ます。
つい先日、学生時代の友人から、在宅ビジネスについての相談を受けました。
在宅ビジネスの初期費用に関する情報を掲載しているブログやサイトは沢山ありますので、是非参考にされると良いかと思いますよ
posted by ome at 17:53 | 日記

在宅ビジネスで主婦が成功する方法

在宅ビジネスって、最近よく聞きますが本当に儲かるの。
やっぱり月に何十万か稼げるような仕事でないと、在宅ビジネスをしているとは言えないと思うんですよね。
だから、自宅にいながらにして、お小遣いの稼げる在宅ビジネスに関心はあるけど、何となく踏み出せないでいる今日この頃です。
まあ、一文字いくらの入力業務などは信用出来そうな気はしますが、そうした在宅ビジネスは、相当頑張らないと、まとまったお金にはなりそうにありません。
それこそもう、主婦ではなく、立派な在宅ビジネスの世界で生きるキャリアウーマンですよ。

在宅ビジネスと呼ぶからには、内職のように細々とお小遣いを稼ぐのではなく、派手に展開したいじゃないですか。
勿論、ちゃんとした情報番組の中で取り上げられている場合は、実力で稼いでいらっしゃるのに間違いはないと思います。
事実、仕事の合間に10万、20万稼ぐというサラリーマンもいるにはいるようです。
それと同様に、在宅ビジネスで高収入を得ているカリスマ主婦も、時々テレビなどで紹介されていますよね。
ただ、まだどちらかと言うと、サラリーマンやOLの副業とか、主婦の内職というイメージが、私の中には強くあります。
ただ、中には知らない間に、危ない世界に引きずり込まれて行く在宅ビジネスもなくはないという噂も、これまたよく耳や目にします。

在宅ビジネスで成功する主婦もいれば失敗する主婦もいる。
私のように、主婦業の傍ら、SOHOを持って、活躍している人は、かなりのやり手と言えるでしょうね。
確かに、自分の好きな時間に特技を活かしてお小遣いが稼げたら、こんなに有り難い事はありません。
主婦にとって、職場が自宅である在宅ビジネスは、最高の立地条件です。
雨が降りそうになったら洗濯物を取り込んだり、気分転換に夕食の支度をしたり、スーパーのタイムセールにも行けますしね。
家事を手抜きしなくてもいい在宅ビジネスは、家族に迷惑をかける心配もないので、すごくいいと思います。
これが、今の在宅ビジネスと主婦との関係の実態だと、私は考えるんですよね。
是非とも在宅ビジネスを考える参考資料にさせていただきたいと思います。
別に賢い主婦にはならなくてもいいけど、つまらない事に引っかかるようなバカな主婦にだけはなりたくないから・・・。
そう思って、もっか在宅ビジネスを検討しながら、ブログやサイトを読んでいる真っ最中です。
posted by ome at 16:53 | 日記

在宅ビジネスの成功法


つきましては、在宅ビジネスで成功出来る秘訣を教えていただきたく、今日はこのブログを書きました。
私は20代後半のOLで、平日の昼間は会社に行っていますが、殆ど残業はありません。
休日出勤も年に数回程度しかないので、在宅ビジネスをサイドビジネスとしてする時間は十分にあります。
だから、誰か私にいい在宅ビジネスの探し方と、成功方法をアドバイスして下さい。
で、早速インターネットを調べたら、すごいいい条件の広告が沢山出ていました。
出来れば、ワードやエクセルを使う在宅ビジネスで、そこそこ高収入になるものが有り難いですね。
最初に費用のかかる在宅ビジネスも絶対に嫌だし、頑張っても収入の少ない仕事も嫌です。
なので、必ず在宅ビジネスで成功出来る秘訣があったら、是非とも知りたいのです。
因みに、会社では経理部で事務処理の仕事をしているので、パソコンは結構使える方です。
だけど、ホームページとかは持っていないし、作った事もないので、そういう在宅ビジネスは余り自信がありません。
ただ、余りにも条件が良すぎる在宅ビジネスは怖いような気もしますよね。在宅ビジネスというのにすごく関心があって、是非とも自分も成功したいと思っています。

在宅ビジネスで成功して、リッチなOLになりたい訳ですから、失敗する事は絶対に嫌です。
で、益々興味が湧いて、絶対やって、絶対成功したいと思いました。

在宅ビジネスを始めて、もし私が成功した暁には、必ずお礼はします。
この間、テレビで、夜や休みの日に、家でパソコンを使ってお小遣いを稼いでいる人が最近増えているという話題を見ました。
もともと部屋に込もって、ゲームとかパソコンとかをやるのも好きな方なので、絶対在宅ビジネスに向いていると思います。
もしかしたら、ホームページも作ろうと思えば作れるかも知れません。
在宅ビジネスで成功するために参考になりそうな情報もいくつか見付かりましたが、もう少し集める必要がありそうな感じなんですよね。
そこで、こうして自分のブログに書いておけば、物好きな人がいて、何かいいアドバイスがもらえるんじゃないかなぁ、なんて期待しています。
皆さんからもらった情報と、ブログやサイトから自分が収集した情報を元に、絶対絶対在宅ビジネスで成功するぞ〜
posted by ome at 18:53 | 日記

在宅ビジネス掲示板


確かに、最初はちょっと怖かったけど、ちゃんとしたブログやサイトや掲示板で得た情報は、割と大丈夫みたいですよ。
嘗ては内職と呼ばれていたような軽作業も、今は在宅ビジネスと表現し、掲示板で堂々と募集されています。
でも、やっぱり多いのはパソコンを使ったデスクワークのようですね。
逆に言うと、パソコンに関するある程度の知識と技術さえ持っていれば、いくらでも在宅ビジネスはあるという感じです。
今時の在宅ワークは、まさに在宅ビジネス、昔のように主婦が細々と何かを作ったり、針仕事をするのとは随分中身が違いますよね。
まあ、皆さんももし、暇だったら、そんな在宅ビジネス関連のブログやサイトから情報を仕入れてみて下さい。
まあ、でも文章がへたくそでも、家でパソコンさえ使えれば、出来る在宅ビジネスは他にいくらでもあります。
もし、自分が半年位、この在宅ビジネスを続けられたら、絶対ブログに書こうと思っていたので、今日は書きました。
例えば、指定された本や雑誌を読んだり、テレビを見て、その感想などを投稿するというお仕事。
はっきり言って、収入的には非常に低い在宅ビジネスではありますが、自分には向いているなぁっと思いました。
早速、その掲示板をみて応募したのですが、やはりみんな考える事は同じのようで、応募者が多かったために、落選してしまいましたけどね。
いくら簡単な仕事とは言え、あくまでも在宅ビジネスですから、それなりのスキルは求められます。
私の場合は、このブログを読んでもらっても分かる通り、余り文章を書くのが上手じゃないので、者の見事に不採用となってしまったようです。

在宅ビジネスの応募に一度落ちると、何が何でもしたくなっちゃって・・・。
勿論、その掲示板で見付けて応募して、採用してもらったお仕事です。
この在宅ビジネスを始めたからというもの、昼間退屈しなくなったし、無駄遣いをしなくなりました。
まだまだ金額から言うと、在宅ビジネスという立派なものではなく、内職の段階だけど、損得勘定をすると、それなりに利益は上がっています。
それで、インターネットでブログやサイトを見ているうちに、在宅ビジネスの存在と普及を知りました。
これなら、夜や休日に若い人がサイドビジネスとして出来るなぁっと思うものばかりです。
それで、今はOL時代の経験を活かして、エクセルでデータを整理する在宅ビジネスを始めたんですよね。在宅ビジネスの掲示板を見ていると、実に多種多様にあるんですね
posted by ome at 16:53 | 日記

在宅ビジネスとSOHO


いきなり自分のワンルームマンションを立派なSOHOにしちゃったりなんかして・・・。
実は、うちもそうですからね、在宅ビジネスでHPやメルマガの制作をしている主人の部屋はまさにSOHOそのものです。
ついでに私の仕事はライター、これまた、自室が職場の世界です。
そんな中でSOHOが必要な位の規模にまで成長出来れば、それはすごいでしょうし、きっとそれなりの収入も得られるのではないかと思います。
いつかはSOHOが持てる位になって、本格的な在宅ビジネスになってくれたらいいなぁっとは願っています。

在宅ビジネスを本業にしている人もいればサイドビジネスにしている人もいる訳ですが、SOHOを持てる位になれば立派なものですよね。
ちょっとしたお小遣い稼ぎなら、ノートパソコン一台とインターネットが出来る環境さえあれば、十分という在宅ビジネスも多いですから。
今やマイホームにビジネスの拠点を置き、毎ルームがSOHOという人も少なくありませんからね。
因みに、SOHOというのはスモールオフィスとホームを組み合わせた造語の略語、本格的なネットワーク環境や聞きの揃った、まさに在宅ビジネス用の本拠地となる場所です。
主人の部屋を見てると、本当に小さな事務所という感じですが、自宅マンションの一室なので、家賃は兼用でいけます。
通勤の費用や時間も不要なので、在宅ビジネスは、それなりに成り立ちさえすれば、美味しいかも知れませんよ。

在宅ビジネスをいきなり始める事は十分可能なのですが、最初から在宅ビジネス用のSOHOを持つのはどうでしょう。
でも、最近は、就職難という事もあって、最初から在宅ビジネスで整形を立てる事を考える若者も増えていますよね。
ただ、まだ自力で整形が建てられるほどの稼ぎはなく、あくまでも趣味の一環みたいな状態なので、とてもじゃないけど在宅ビジネスとは言えませんけどね。
あれはあれで自分なりにしっかり考えての事だろうし、まあその在宅ビジネスが成功する事を計算している訳でしょう。
いささかダイナミックな行動のような気もしないではありませんが、それも今の就職スタイルなんだなぁっと思いますね。
確かに、求人がないとか、就職先がないと言って、ぼやいてばかりいる人よりも、在宅ビジネスに本腰を入れようとする人の方が、ずっと前向きではあります。
是非とも、SOHOが無駄にならないように、精一杯頑張って欲しいし、応援したいなぁっとは感じますね。
在宅ビジネスやSOHOについての情報は、ブログやサイトの中に沢山掲載されています。
私もいつか、そんな在宅ビジネス関連のブログやサイトを見ながら、自分のSOHOをレイアウトしてみたい者です
posted by ome at 16:53 | 日記

在宅ビジネスでサイドビジネス

在宅ビジネスでお小遣いを稼いでいる、あるいはお小遣いを稼ぎたいと思っている人、最近はいますよね、それも結構沢山。
サラリーマンやOL、勿論専業主婦のサイドビジネスとしても最適だと言われている在宅ビジネス。

在宅ビジネスの需要が増えれば、当然供給も増えます。
これから益々この在宅ビジネスは普及し、定着していくのではないでしょうか。
まあ、確かに、自宅で好きな時間に得意のパソコンを使って副収入を得られる訳ですから、人気を集めるのも無理はありません。
加えて、メルマガの執筆やホームページの作成など、趣味と特技と自分のセンスが活かせる仕事も多数あります。
屋外での作業のように、大きな危険や疲労も伴いませんし、今流行のパソコンを使った在宅ビジネスはまさに最高のサイドビジネスと言えるでしょうね。
不況のせいか、近頃では副業を認めている大手企業も密かに増加してきていると言われています。
でも、事務処理や書類の作成、ホームページの制作などのこうした仕事、よくよく考えてみると、これまではずっとどこの企業も、社内でやっていた事ばかりですよね。
サイドビジネスをする時間と必要性が出て来るのは、その当りに理由があるのではないでしょうか。
自社の仕事を昼間会社でする必要がなくなった代わりに、夜自宅に帰ってから、他社の仕事を在宅ビジネスとしてやる。
こんなちょっぴり矛盾したビジネスライフを送っているサラリーマンやOLも少なくないのではないかと思います。
事実、今の時代の流れと状況にいち早くフィットし、在宅ビジネスに励んでいるのは、20代後半から30代前半の世代が最も多いようです。

在宅ビジネスが普及し、サイドビジネスに出来るようになった事を喜んでいいのか、はたまた悲しむべきなのか。
ああ、在宅ビジネスなんてサイドビジネスを持たなくても財布に余裕のあった頃が懐かしい。
バブルの時代を体験している中高年の会社員は、みんな密かにそう思っている事でしょうね。
いつまでも過去を振り返っていても仕方がない、今は現状を受け入れ、少しでも前向きに生きる事が大事なのではないでしょうか。
友達なんか、データ処理のアルバイトを始めてから、一気に景気が良くなりましたからね。
彼はその在宅ビジネスを、何となく暇つぶしにブログやサイトを見ているうちに見付けたそうです。
だから、家で退屈している位なら、在宅ビジネスでサイドビジネスというライフスタイルを検討してみる価値は十二分にあるのではないでしょうか。
在宅ビジネスは、これからの時代、益々定着して行く事でしょう
posted by ome at 16:53 | 日記

在宅ビジネスの人気ランキング

在宅ビジネスが昨今人気を集めていますが、そんな中で、更に人気を集めているのはどんな仕事なのでしょうか。

在宅ビジネスで安心して収入を得るためには、いい元請け会社を選ぶ事が最も重要だと言えるでしょう。
そこで、以前からずっと気になっていた在宅ビジネスというものに手を出してみようかと思い出したのであります。
また、そうした在宅ビジネスは、本当に高収入を得られるのでしょうか。
そんな風に美味しい話が一杯の在宅ビジネス、いろいろなランキングを見ながら、昨日、少し検証してみました。

在宅ビジネスの人気ランキングというのは、どんな職種が支持を沢山集めているかっていうのではないんですね。
そうした人気ランキングを掲載したサイトを見るのもいいでしょうし、後、先輩方のブログを読んでみるのもいいでしょうね。
在宅ビジネスは受け身である事が多いので、やはり、経験者の情報は、きちんと参考にするべきだと私は思います。
まあ確かに、在宅ビジネスというのは、どこかの元締めさんと契約しないと、独自でやって行くのは最初は難しいでしょうね。
ようするに、パソコンでホームページを作るお仕事やデータを入力するお仕事などを、契約した会社から受け取ってやる訳ですよ。
あるいは、自分のブログやHPに広告のような感じで、リンクサイトなどを貼るという在宅ビジネスもあるようですけどね。
自分の空いた時間に、自宅にいながらにして副収入が得られるという事で、サイドビジネスとしても注目されている在宅ビジネスですが、美味しい条件が多いだけに、不安も多いですよね。
これも大事な事で、登録したはいいけど、ちっとも仕事が来ないのでは話になりません。
通常、同類の仕事の収入も同レベルと考えていいでしょうから、余りにも条件のいいところは、少し気を付けた方がいいかも知れませんね。
加えて、在宅ビジネスの条件そのものは、他と代わりがなくても、仕事を切れずにもらえるかどうか。
パソコンを使った在宅ビジネスというのは、大体仕事の内容そのものは似たり寄ったりです。
そうした在宅ビジネスにありつくための情報を提供して暮れるサイトの人気ランキングというのが結構沢山あるんですよね。
ただ、それ以上に、どこのサイトを見るといいか、あるいはどこの会社に登録すればいいか。
十分な下調べと、一瞬のひらめき、それが在宅ビジネスを成功させる秘訣なのではないでしょうか。
これが、昨日、一日がかりで学習してみて、私が自分なりに導き出した答えです。
この回答を踏まえて、これから本格的に在宅ビジネス探しをしたいと思っています
posted by ome at 16:53 | 日記

在宅ビジネス


現代の在宅ビジネス状況を考えると、この2つは最低条件でしょうね。
ようするに自宅にいながらにして、仕事をし、収入を得る事であります。
そういう意味では、自営業の方で、店舗やオフィスを別の場所に持たない場合は、全て在宅ビジネスと言えるかも知れませんね。
やはり、PC技術の面では、オフィスソフトはある程度使えた方が有利だろうし、それを必要としている仕事の方がいいかも知れませんね。
最近はパソコンの普及により、自宅で仕事をする人が増えていると言われています。
実は、私も夜な夜な、パソコンを使って、チマチマっとお小遣い稼ぎをしているんですよ。
もうそれは、収入も内容も、軽作業が主流の嘗ての内職とは全く異なります。在宅ビジネスというのが最近ブームになっていますが、本当に誰でも簡単に始められるものなのでしょうか。

在宅ビジネスと呼ぶ位で、副業として展開し、かなり稼いでいるサラリーマンやOLも多いようですよ。
仕事の合間にこっそり在宅ビジネスでお小遣いを稼いでいる人、あなたの周りにも、多分一人位はいるのではないでしょうか。
まず、自宅でインターネットが使える環境にあって、PCでのメールのやり取りが出来る事。
在宅ビジネスというのは、早い話、まあ昔で言う内職ですよね。
なので、初心者が手を出すのであれば、やはりある程度のスキルを求めているビジネスの方が安心かも知れませんね。

在宅ビジネスの紹介や募集は、至る所で目にする事が出来ます。
自分の家の一室を事務所にして営業している税理士さんなんかも、在宅ビジネスマンと呼んでもいいかも知れませんよ。
所謂、オンラインを活かしたSOHOで展開する在宅ビジネスですね。
私の場合は、十分気を付けているから、まだそういう悪い在宅ビジネスに引っかかった事はありませんが、現実に被害に遭っている人はいるようです。
でも、それで取り敢えず誰でも始められる訳ですから、思い立ったら吉日。
誰でもOK、自宅にいながらにしてすぐに高収入が得られますと謳っている在宅ビジネスは要注意かなぁっとは思います。
勿論、全ての在宅ビジネスが高収入という訳ではありませんし、危ないものも沢山ありますけどね。
それと、先方にいきなりこちらからお金を払わないといけないような在宅ビジネスには、手を出さない方が無難だと思います。
ビジネスを展開する上で、初期費用がかかるのは当たり前の事なのですが、それはあくまでも設備投資などの面であって、顔も分からない相手と付き合うための費用は不要です。
まずはしっかりと在宅ビジネスの世界を理解してから、進入するようにして下さいね
posted by ome at 17:53 | 日記

フライトアテンダントへの転職

フライトアテンダントの募集記事というのをたまたま見たのですが、最近は、別に新卒でなくても応募出来るんですね。
最近は特に、フライトアテンダントとかキャビンアテンダントとかって呼ばれるようになり、より一層出来る大人の女性の雰囲気が漂います。
これまで地上で学んだ事を今度は大空の上で、フライトアテンダントとして活かす。
フライトアテンダントというのは昔でいうスチュワーデス、キャリアウーマンという表現が的確かどうかは分かりませんけどね。
でも、女の子ならきっとみんな一度は憧れた事があるであろう職業、本当に素敵なお仕事ですよね。
因みに、キャビンアテンダントというのは日本で生まれた呼称で、世界的にはフライトアテンダントというのが正しいようですね。

フライトアテンダントの採用基準が新卒者でなくてもOKという事は、それほど若くなくても新米フライトアテンダントになれるという事。
多くの航空会社のフライトアテンダント募集の年齢制限は30歳位です。
昔合ったテレビドラマ、ほら、松嶋菜々子さんがスッチーを演じていた大和撫子だったけかなぁ。
それも、JALやANAといったトップクラスの航空会社のフライトアテンダントにですよ。
個人的には松嶋菜々子さん演じるヒロインの性格が苦手だったんだけど、ストーリーそのものはすごく面白くて、夢中で見ていたのを覚えています。
あのドラマの中で、フライトアテンダントのピークは27歳だなんて言われていたけど、今は全然そんな事ないんですよね。
事実、女性の晩婚化が進んだ昨今、20代後半の女性は、我々アラフォー世代から見ると、まだまだ当時でいう20代前半と同じですよ。
私ももう10年若かったら、是非ともトライしてみたいですね、フライトアテンダントへの転職。
そう言えば、これまた松嶋菜々子さんのドラマなんだけど、高校教師から最後にフライトアテンダントに転職するっていうのがありましたよね。
大学を卒業したばかりの女の子も元気で可愛くていいけど、ある程度の社会人経験を持つ20代後半の女性にも適役なのではないでしょうか。
フライトアテンダントというのは、毎日世界中の不特定多数のお客様と接する訳じゃないですか。
私は流石にもう無理だけど、20代後半の女性で、もし、チャンスがあって、少しでも興味を持たれたら、是非一度チャレンジしてみて欲しいですね。
フライトアテンダントの採用情報や転職情報は、ブログやサイトの中でもいくらでも探せるようですよ。
フライトアテンダントの制服に身を包み、ジャンボに乗り込む自分の姿、想像しただけでもちょっぴりほれぼれしちゃいますね
posted by ome at 16:53 | 日記

フライトアテンダントの採用情報


それとも、求人サイトとかのフライトアテンダント募集の広告を参考にするほうがいいのでしょうか。
出来れば、フライトアテンダントの採用試験に関するなるべく詳しい情報が一緒にゲット出来るサイトとか、求人しとかがあったら有り難いなぁっと思いますね。
一般の求人誌や求人サイトにもフライトアテンダント募集の広告は結構載っていますよね。
出来ればやっぱJALとかANAのような国内大手のジャンボにのれたら嬉しいですね。
でも、フライトアテンダントと言えば、その航空会社の顔、結構会社によって雰囲気が違うじゃないですか。

フライトアテンダントの採用情報は、やはり航空会社のHPに掲載されている採用情報を参考にするのがベストなのでしょうか。フライトアテンダントになりたいと思っているのですが、採用情報というのはどこで入手すればいいのでしょうか。
確かに、求人誌や求人サイトの場合だと、何社かの採用情報を比較しやすいのは比較しやすいですよね。
勿論、航空会社のホームページを見れば、採用情報そのものはよく解ります。
ただ、どこの採用情報を見ても、合格するためのアドバイスというのは殆ど載っていないですよね。
その会社のフライトアテンダントになるためのポイントみたいなものが解れば、自分に合った採用情報を探せるし、合格出来る確立も高まると思うんだけど・・・。

フライトアテンダントの採用情報を読んでいる限り、ある程度大手であれば、どこの用条件もそれほど大きな差が無いように見えます。
でも、採用条件によっては、外資系航空会社のフライトアテンダントでもいいとは思っています。
だからきっと、採用情報は似たようなものでも、実際の採用条件はかなり違うんじゃないかと思うんですよね。
私が一番私らしく仕事の出来る会社を選びたい、そのために、もっと詳しい採用情報が欲しいと思うのは、悪い事じゃないでしょう。
だからきっと、もうある程度の段階までクリアした受験生も結構いる事でしょう。
そういう人たちの生の声の聞けるようなフライトアテンダントの採用情報関連のサイトとかブログとかがあればいいですよね。
ありそうでないフライトアテンダントの採用情報、いいサイトやブログに出会えたら、きっと夢が叶うような気がしています
posted by ome at 16:53 | 日記

フライトアテンダントの育成法


無料会員にならないと閲覧出来ないようなので、私はまだ読んだ事がないんですけどね。

フライトアテンダントに憧れる女性や興味を示す男性は、今も昔も多い事でしょう。
実際にフライトアテンダントとして活躍している人や活躍していた人のブログを読んでいても、ごく普通の女性ですよね。
入会無料なんだから、気軽に入ればいいようなものだけど、フライトアテンダントじゃない自分には、ちょっと敷居が高いような感じで・・・。
と言う事で、フライトアテンダントの素顔や育成にただひたすら関心を示しているばかりなのであります。
勿論現在・過去・未来を問わず、フライトアテンダントであってもなくてもOKなんだろうとは思います。
最近は男性のフライトアテンダントも活躍しているようですが、やはり美女の多い職場。
男性は、そんなフライトアテンダントが特別な存在の女性であれば、きっと最高でしょう。
語学などの知的面でも、スタイルなどのルックス面でも、ある程度優れた選ばれた女性という事ですからね。
ただ、どこか他の女性たちと違う部分があるとすれば、それは、フライトアテンダントとして輝ける可能性のある女性だという事。
もしかしたら、最初は全然特別じゃない、ごく普通の女性なのかも知れませんよね。
日本にいても毎日朝から晩まで英語で話している訳でもないし、勿論、誰の前でも一日中笑顔を振りまいている訳でもありません。
何かしら、キラリと輝く小さな光があって、それを頼りに、その周囲から少しずつ磨きをかけて、特別な女性に育て上げていくのではないでしょうか。

フライトアテンダントになりたいから育成方法に興味を示している訳ではないんです。
彼女たちの知性やルックスは、何も大空の上だけで生きてくるものではなく、地上でも大いに活かせるのではないかと私は考えます。
ものすごく気にはなるけど入れない、そんな場所とかグループってないですか。
でも、全てのフライトアテンダントが、最初からあんなに綺麗で優秀なのでしょうか。
ただ、ここぞと言う時に、しっかりとそれを活かし、人に笑顔を与えて上げられる、それがプロのフライトアテンダントだと思います。
だから、自分もそんなOLになれたら素敵だろうなぁっと思うんですけど、どうでしょうね。
フライトアテンダントの育成に関するブログやサイトの中から少しずつでもヒントを見つけ出して、少しずつでも成長して行きたいと考えている今日この頃です
posted by ome at 16:55 | 日記

フライトアテンダントの通信教育


例え、いい通信教育そのものは見つからなくても、自力で合格できるコツやポイントなどはゲット出来るでしょうしね。
とは言っても、私はもう50の声を聞こうかというおばさんですからね、勿論、今更フライトアテンダントになんかなりたいとは思っていませんよ。
本音を言うと、もし今からでも許されるのであれば、スチュワーデスとして広い世界を飛び回りたいですけどね。
今、娘は20歳、地元の短大の英文科に通っていて、将来は安定した職業である教師の道を目指すと言っています。
と言う事で、ネットを開いたら最後、フライトアテンダントという文字を絶対に見落とさないようにしている今日この頃です。
けれど、卒業後にまた1年間ほどそうした専門学校に通うとなると、かなりの時間と費用がかかりますよね。
あの頃からずっと言っていたんですよね、将来は私もフライトアテンダントになりたいってね。
フライトアテンダントのもう一つの大きな受験資格である英検1級とTOEIC600点以上という条件も満たしていますしね。

フライトアテンダントという職業に就くための専門的な通信講座。
大抵の方は、短大や4年生大学を出た後に、フライトアテンダントを養成するための専門学校へ行かれると聞きました。
娘にフライトアテンダントになって欲しいという思いはあっても、我が家にはとてもじゃないけど、そんな余裕はありません。
何しろ、フライトアテンダントという仕事そのものには、資格なんてありませんからね。
接客や保安などの実技が中心となる職業ですから、当然と言えば当然なのかも知れません。
たまにフライトアテンダントという文字を見つけても、それは結局受験に必要な語学力や英語検定を取得するための通信講座。
通信講座というのはやはり、あくまでも何かの資格を取るのが目的なんだろうなぁっと実感させられます。
フライトアテンダントの専門学校なら年間100万円位かかるところも少なくないようですが、通信教育なら、それほどはかからないでしょう。
きっと、通信教育になりにくいプラス、通信教育の対象外となる専門職なんでしょうね。
でも、諦めませんよ、何とか娘をフライトアテンダントにならせて上げるために、日々ブログやサイトで情報収集している今日この頃です。
ただ、非常に狭き門だけに、それだけではやはり難しいと思うんですよね。
でも、それは親に負担をかけないためで、私は知っています、彼女がフライトアテンダントになりたいと思っている事を
posted by ome at 16:53 | 日記

フライトアテンダントの専門学校


後、当然の事ながら、航空関連の専門学校の中には、整備士やグランドホステスを養成する課とともに、フライトアテンダント養成科も設けられています。
でも、フライトアテンダントの専門学校って、すごくお金がかかるんですね。
うちは実際に国際線に客室乗務員として乗り込み、実習する事が出来ます、なんて書いてある学校もあります。
それに、実際に体験実収の出来るフライトアテンダント養成学校もありますが、当然その費用は実費です。
一応斡旋とか推薦とかしてくれて、ちょっと位は有利になるかも知れないけど・・・。
でも、結局は自分の努力と運に頼ってどこかの航空会社にうまく潜り込めないと、夢のフライトアテンダントにはなれないんですよね。
因みに、今、私は現役の大学生で、つい最近までイギリスに1年間留学していました。
勿論学校によっても違いますが、入学金と授業料だけで、大体50万円位。フライトアテンダントになるために専門学校に行こうかと思っています。
ただし、航空専門学校のフライトアテンダント課は、より専門的な学習が出来るだけに、費用もかかるんですよね。
だから、語学にはかなり自信があるのですが、それでもやっぱりフライトアテンダントになるためには、正式な専門学校に通った方がいいのでしょうか。
親に我がまま言うには、それなりの立派な理由を提示する必要もあるしね。
語学力や国際感覚を磨くという面では、そうした海外のフライトアテンダントの専門学校に留学するのも一つの手かも知れません。
おのずと外国人とのコミュニケーションや海外での生活習慣も身に付きますし、ナチュラルな英語が話せるようにも鳴ります。
いずれもトップクラスのフライトアテンダントとしては大切な事柄ばかりです。
そういう経歴を履歴書に記載する事によって、採用審査が有利になる事も考えられますよね。
まあとにかく、私の場合は、まだフライトアテンダントの専門学校に行くべきかどうかで迷っている段階。
どこの学校がどうとかこうとか、あれこれ比較するのは、少し早いかも知れません。
ただ、いいフライトアテンダントの専門学校が見つかれば、これは進学する方向で考えてみる価値十分だと思うんですよね。
そういう事で、最近はフライトアテンダントに関する情報が載っているブログやサイトをこまめにチェックしています。
まあ、いい学校を出たからと言って、いいフライトアテンダントになれるとは限っていないんだけど、後悔しない様に、やれる事は精一杯やりたいと思っています
posted by ome at 16:53 | 日記

全日空のフライトアテンダント


往きの飛行機で見たフライトアテンダントの笑顔がその日のビジネスの結果を左右すると言っても決して過言ではありません。

フライトアテンダントと一口に言っても、航空会社によって雰囲気はかなり異なります。フライトアテンダントの笑顔は本当にいいもの、飛行機で出張する事の多い私にとって、フライトアテンダントとの出会いやふれあいは一番の楽しみです。
私は、そうしたフライトアテンダントたちと出会い、接する機内の短い時間に魅力を感じるのです。
ともすれば、地上で彼ら、彼女らと出会っても、何の感動も持たないかも知れません。
恐らく私にとって、フライトアテンダントたちは、まさにフライトの一部分なのでしょう。
又、帰りの機内で見たキャビンアテンダントの笑顔に、どれだけ癒やされ、明日への活力を貰った事か。
謂わばフライトアテンダントはその航空会社の顔、企業の考え方を実に見事に映し出しています。
だから、その日の仕事の内容や目的によって、利用する航空会社を選ぶ事もあります。
こういう話をすると、スケベなおやじのように思われますが、今やフライトアテンダントは女性ばかりとはかぎっていません。
ANAでは20代後半でチーフパーサーとして活躍している人も多く、立ち振る舞いが非常に機敏で、笑顔も他社よりもはるかに多く、気持ちがいい。
気分を落ち着かせたい時には、比較的落ち着いた上品な雰囲気のフライトアテンダントが目立つJALを好む時もありますが、最近は全日空が多いですね。
一歩地上に降り立てば、厳しい現実が待ち構えている昨今、機内でしっかりと若いパワーを吸収しておく事は、実に有り難いのであります。
乗客一人一人のその日の顔色によって、見せる笑顔を変えてくれるのもANAのフライトアテンダントの裏技の一つですね。
これをきっかけに、益々全日空のフライトアテンダントたちにはまってしまいそうな私です。
ただ、自分が時より感じる事、それは全日空の場合、会社がスタッフを育てているのではなく、会社の中でスタッフが自らの力で育っているのではないだろうかという事。
だから、作られたフライトアテンダントではないし、作られた笑顔や言葉ではないので、非常に親しみが持てるのではないでしょうか。
少しずつながらも、ANAのフライトアテンダントたちの魅力の秘密が分かって来たような気がして、とても楽しくなります。
外資系の航空会社では、若くて爽やかな男性が機敏に機内を動き回る姿も目にする事が出来ます
posted by ome at 16:53 | 日記

JALのフライトアテンダント

フライトアテンダント、昔でいうスチュワーデスというお仕事ですが、今も憧れる人は少なくないでしょう。
少なくともこれは、JALの場合の条件なので、航空会社が変われば、当然待遇や設備なども変わります。
確かに、募集要項そのものを見ていると、比較的自分の努力次第でチャンスは手に入るという感じはしますね。
でも、よく考えてみると、確かに、JALのような立派な会社が、少し背が低い位で、優秀なフライトアテンダントになる見込みのある人材を見逃す訳がありませんよね。
そう思った瞬間がJALのフライトアテンダントへのスタートラインかも知れません。
新米フライトアテンダントはみんな正社員で、寮生活をしていると思っていた私は、どうやら古いテレビドラマのイメージをそのまま引き摺ってしまっているようです。
とにかく、心身ともに健康で、しっかりと勉強してきた人であれば、あの制服を着るチャンスは十分にあるのです。
まずは正社員待遇でのフライトアテンダントを目標とし、その後、チーフ乗務員や指導者としてのキャリアを広げて行く人も多いそうです。
30歳位までの男女であれば受験資格を得られるので、言ったん社会人経験をした後での転職も全然OKなのです。
現在JALで活躍しているフライトアテンダントの殆どは、自分は絶対JALの飛行機に乗るんだと決めていたそうですが、いざ入って、驚いた事も結構あるようですよ。
もし、まだそれに見合うだけの学歴を所有していない人は、まずその条件をクリアする事が先ですけどね。
昔流行ったJALのフライトアテンダントを取り上げたいくつかのドラマ。
あれを子供の頃に見ていた人は要注意、当時とは随分社内の条件も変わっています。

フライトアテンダントのトップとも言えるJALのフライトアテンダント。
うまく潜り込んだとしても、最初の3年間は1年ごとの契約社員で、お給料は時給で換算されます。
JALの新規フライトアテンダントの募集は、その年の新卒者だけが対象ではないんですよ。
ですから、最初の勝負は最初の3年間と言っても決して過言ではないでしょう。
そして、日頃の勤務態度や適正能力から正社員に相応しいと評価された人のみが、晴れて正式なJALのフライトアテンダントになれるのです。
希望すれば住居の斡旋はしてくれるようですが、基本的には自宅通勤で、その居住エリアにも制限があります。
そして、その多くが、どうせなら国内最高級の高級外車であるJALのトップフライトアテンダントを目指したいと言います。
それでも素敵な仕事をしているという実感はあるそうですから、JALという会社を選んだ事自体には問題はなかったのでしょう。
ただ、なるべくギャップを減らすためにも、事前にブログやサイトで、しっかりとJALのフライトアテンダントとしての双方の条件を確認しておいた方がいいでしょうね
posted by ome at 16:53 | 日記

フライトアテンダントの本

フライトアテンダントに興味がある私、今は名もない中小企業の事務員ですが、出来ればフライトアテンダントになりたいと思っています。
でも、周囲にはフライトアテンダントなんて素敵なお仕事をしている友達なんかいません。
もし本気でフライトアテンダントを目指すのであれば、一度は読んでおいた方がいいような一冊ですね。
どんな本を選んで読めばいいのか、今イチよく分からなくって、すごく困っています。
先日、ネットのある掲示板にこんな投稿をしたところ、10人以上の方から回答をいただきました。
フライトアテンダントについて、いい事も悪い事も、知る事の出来る、お勧めの書籍があれば、是非教えて下さい。

フライトアテンダントになろうという位で、その題名の通り、フライトアテンダントになるためのいろいろな情報が掲載されている本のようです。
正直、見るからにカントリーな母が、フライトアテンダントに関する本を執筆している人の事を知っているなんてびっくり。
でももっと驚いたのは、母が全く違うある芸能プロダクションの専務さんと思い切り勘違いしていたという事です。
フライトアテンダントになろうを書いた人と母が勘違いしていたのは、俳優のたち弘さんが所属する芸能事務所、石原プロモーションというところの専務さんです。
ルックスは悪くないらしいけど、でも、そんな人がフライトアテンダントの本なんか、書く訳がないですよねぇ。
このフライトアテンダントになろうという本は、ネットのブログやサイトでもかなり指示されていて、私も前から気になっていた一冊ではありました。
今回掲示板で質問した事もよかったし、皆さんからもらった回答を参考に、書籍関連のブログやサイトを読んで、いい本がもっともっと見つかりそうな気がしました。
母の言うような映画やドラマを作っている会社とは全然違います。

フライトアテンダントになろうの著者である小林正彦さんは、INPエアライン学院の学院長、まさにフライトアテンダントを知り尽くした人です。
だから、是非とも読んでみたいと思っているし、他にもいくつか気になる本が見つかりました。
INPエアライン学院は大阪にある専門学校で、フライトアテンダント学課科の他に、ホステス課もあるんですよね。
取り敢えずまずフライトアテンダントになろうをよんで、夢の実現を目指そうかと思っています
posted by ome at 16:53 | 日記

現役のフライトアテンダント

フライトアテンダント、なんて素敵なお仕事、私も絶対なりたい。
そう思ったのは、この間、たまたま会社の同僚たちと飲みに行った居酒屋で、大手航空会社の現役フライトアテンダントの女性と隣同士になったからです。
それを考えると、これがラストチャンス、でも、今ならまだ行けるから。
そして、もし念願かなって採用されても、最初のうちは今以上に時間や体力やお金の調節に四苦八苦する事でしょう。
特に若いフライトアテンダントは、その殆どが時給制の契約社員で、一人暮らしをしている人なんかは、結構やりくりが大変なんだそうです。
でも、彼女に言わすと、休みの日は別に普通のOLと変わらないそうですね。
だから、おしゃれして、いつもフレンチとか言ったり、海外で遊び回っているなんていう事は余りないんですって。
いくら新卒者でなくてもいいとは言え、フライトアテンダントの受験には、年齢制限があります。
会社のデスクに座って伝票整理に負われている私の毎日とは、そのスケールが違いますよね。
学生時代にエントリーして、ものの見事に落っこちて、一度は綺麗さっぱり諦めたはずのフライトアテンダント。
だけど、空中で活躍する現役FAの素顔を見ると、やっぱりいいなぁっと思いました。
何も、JALやANAのようなトップクラスのジャンボジェットじゃなくてもいいんです。
フライトアテンダントとして世界の空を飛べたら、それで十分。
もう一度トライして、現役のFAを目指してみようかなぁっと思い始めています。
ただ、フライトアテンダントという仕事は、世界中の人や町を見る事が出来ます。
超美人じゃなかったけど、綺麗な人だったし、話もすごく上手で、よく気の付く人でした。

フライトアテンダントに応募する事自体はそれほど難しい事ではありませんが、現役フライトアテンダントへの道のりはかなり厳しいです。
まず、どこの航空会社であってもフライトアテンダントの採用試験は超狭きもんです。
又、現役を長く続けていれば、ベテランフライトアテンダントとしての新たな悩みも出て来ると言います。
ネットで、フライトアテンダントさんたちのブログやサイトを読んでいても、本当に大変な職種だという事はよく分かります。
それで、我々OLと大して変わらない生活水準なのですから、実際問題、嫌になってやめようと思わないのでしょうか。
ところが、それ以上に素敵な魅力があるんでしょうね、フライトアテンダントの世界には。
だから、私、もう一度だけ目指してみようと思います。一年後に現役フライトアテンダントとして大空を飛び回っている自分の姿を・・・
posted by ome at 17:53 | 日記

フライトアテンダント


けれど、海外、特に英語圏内ではフライトアテンダントという名称を使うのが通常、キャビンという単語を用いる場合は、キャビンクルーと称します。

フライトアテンダントはこうして考えてみると、とても立派な呼称なのに、何故、日本ではフライトアテンダントと呼ばないんでしょうね。
フライトアテンダントという呼び名が出て来る事は殆どないですよね。

フライトアテンダントのアテンダントとは、接客係や随行人という意味ですから、まさに飛行中のサービススタッフの事なんですね。
だったら、フライトアテンダントよりもキャビンアテンダントの方が適切なんじゃないの、
とも思わないでもないですよね。
日本でフライトアテンダントという呼び名が定着する日は、果たして来るのでしょうか。
キャビンとは航空機や船舶の客室の事な訳ですから、そこのサービススタッフ、だからキャビンアテンダント、実に分かりやすい呼称です。
まあ、別に、私的にはキャビンアテンダントでも問題はないとおもうのですが、やはり国際化を考えると、客巣津乗務員イコールフライトアテンダント。
そう思う方がグッドなのかも知れませんし、その辺り、現職の客室乗務員の方々はどう思っていらっしゃるんでしょうね。
そこには、フライトアテンダントよりもキャビンアテンダントの方が親しみを持てていいという日本人の人柄もあるのではないかと私は思います。
確かに、客室乗務員を題材にしたテレビドラマは多数作られていますが、嘗てはスチュワーデス、今はキャビンアテンダント。
恐らく、キャビンアテンダント、あるいはフライトアテンダントと言っても、すぐには通じない方も少なくないでしょう。
けれど、フライトアテンダントの仕事は単なる接客だけでなく、機内の清掃や保安要員、乗客の心身管理など多種多様に及びます。
それこそ”FAとお呼び!”なんていうドラマでも登場しない限り難しいかも知れませんね。
事実、アテンダントという単語には付添人という意味もあり、まさに機内で安全に快適に過ごして貰うためのサポート要因という訳です。
スチュワーデス時代からの流れとでも言いますか、未だにスッチーと呼び続けるおじ様も多いですからね。
各航空会社によっても呼び名の違うフライトアテンダント、詳しくその辺りの事を知るには、ネットを活用するのがベターみたいです。
ブログやサイトの中には、FA、CAを問わず、その仕事の内容から就職まで、数多くの情報が提供されています。
フライトアテンダントを本気で目指している人も、ただ単に興味があるだけの人も、暇な時に是非一度読んでみられてはいかがでしょうか
posted by ome at 16:53 | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。