40代転職のソフト開発業界

40代転職を考えている人のための講座というのが、先日ある人材派遣会社の主催で開かれました。
40代転職組として迎え入れ、即戦力として今まで不足していた部分を補ってもらえるのであれば、会社としては少々いい条件を出しても惜しくはないというものです。
例えば今の花形であるIT業界、パソコンに詳しければいいというものではないんですよね。
40代転職で成功するには、これまでに複数の職種を体験し、複数のスキルや資格を有しているといいというような話が口座の中では言われていました。
今回の40代転職講座に出席していた人の多くは、私と同じように、遣り甲斐を求めている人達でした。
もっと自分には出来る事があるはずだと考えている人も多いようでしたよ。
今も社内のシステムエンジニアという立場ではありますが、限られたソフトの開発や管理では退屈なのです。
40代転職者に企業が求めるもの、それは今いる社員にはない部分です。
まあ自分でも40代転職は厳しい事位判っていますし、妻が起こるのも当然だとは思います。
40代転職でIT関連の企業に入るためには、意外や意外、簿記やTOEICの資格を持っているとかなり有利になるとか、ならないとか・・・。
と言うのも、そうした資格を有していると、金融関連や教育関連の企業のソフト開発に携われる可能性が高いんだそうですね。
実際、IT関連、特にソフト開発の仕事をしている人の中で、簿記の資格を持っている人は、まだまだそう多くはないでしょうね。
正直言って、40代転職を試みるのはかなり無謀な事、恐らく家族に話したら猛反対されるでしょう。
自分はそれを目標に40代転職のための活動をして行きたいと思っています。
何もみんながみんな今の仕事や会社に不満があるから40代転職を試みる訳じゃないんですよね。
だから、もっと本格的なIT関連の企業に40代転職をして、もっといろいろなソフト開発をしたいと思っています。
40代転職は手堅く素早くが成功のコツ、自分でしっかりと情報収集し、準備をする事が大切でしょう。
事務関連の資格は実務経験不要のものが多いので、40代転職を考える上での準備の一つとして取得するというのは悪くないと思いませんか。
何しろ失敗したら、家族を泣かす事になりますし、自分ももうそう簡単にはやり直せないですからね。
そのためにも、40代転職に関するブログやサイトは出来るだけ見逃さないようにするといいみたいですよ、公衆の話を収縮してみるとね
posted by ome at 16:53 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。