フライトアテンダント


けれど、海外、特に英語圏内ではフライトアテンダントという名称を使うのが通常、キャビンという単語を用いる場合は、キャビンクルーと称します。

フライトアテンダントはこうして考えてみると、とても立派な呼称なのに、何故、日本ではフライトアテンダントと呼ばないんでしょうね。
フライトアテンダントという呼び名が出て来る事は殆どないですよね。

フライトアテンダントのアテンダントとは、接客係や随行人という意味ですから、まさに飛行中のサービススタッフの事なんですね。
だったら、フライトアテンダントよりもキャビンアテンダントの方が適切なんじゃないの、
とも思わないでもないですよね。
日本でフライトアテンダントという呼び名が定着する日は、果たして来るのでしょうか。
キャビンとは航空機や船舶の客室の事な訳ですから、そこのサービススタッフ、だからキャビンアテンダント、実に分かりやすい呼称です。
まあ、別に、私的にはキャビンアテンダントでも問題はないとおもうのですが、やはり国際化を考えると、客巣津乗務員イコールフライトアテンダント。
そう思う方がグッドなのかも知れませんし、その辺り、現職の客室乗務員の方々はどう思っていらっしゃるんでしょうね。
そこには、フライトアテンダントよりもキャビンアテンダントの方が親しみを持てていいという日本人の人柄もあるのではないかと私は思います。
確かに、客室乗務員を題材にしたテレビドラマは多数作られていますが、嘗てはスチュワーデス、今はキャビンアテンダント。
恐らく、キャビンアテンダント、あるいはフライトアテンダントと言っても、すぐには通じない方も少なくないでしょう。
けれど、フライトアテンダントの仕事は単なる接客だけでなく、機内の清掃や保安要員、乗客の心身管理など多種多様に及びます。
それこそ”FAとお呼び!”なんていうドラマでも登場しない限り難しいかも知れませんね。
事実、アテンダントという単語には付添人という意味もあり、まさに機内で安全に快適に過ごして貰うためのサポート要因という訳です。
スチュワーデス時代からの流れとでも言いますか、未だにスッチーと呼び続けるおじ様も多いですからね。
各航空会社によっても呼び名の違うフライトアテンダント、詳しくその辺りの事を知るには、ネットを活用するのがベターみたいです。
ブログやサイトの中には、FA、CAを問わず、その仕事の内容から就職まで、数多くの情報が提供されています。
フライトアテンダントを本気で目指している人も、ただ単に興味があるだけの人も、暇な時に是非一度読んでみられてはいかがでしょうか
posted by ome at 16:53 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。