フライトアテンダントの本

フライトアテンダントに興味がある私、今は名もない中小企業の事務員ですが、出来ればフライトアテンダントになりたいと思っています。
でも、周囲にはフライトアテンダントなんて素敵なお仕事をしている友達なんかいません。
もし本気でフライトアテンダントを目指すのであれば、一度は読んでおいた方がいいような一冊ですね。
どんな本を選んで読めばいいのか、今イチよく分からなくって、すごく困っています。
先日、ネットのある掲示板にこんな投稿をしたところ、10人以上の方から回答をいただきました。
フライトアテンダントについて、いい事も悪い事も、知る事の出来る、お勧めの書籍があれば、是非教えて下さい。

フライトアテンダントになろうという位で、その題名の通り、フライトアテンダントになるためのいろいろな情報が掲載されている本のようです。
正直、見るからにカントリーな母が、フライトアテンダントに関する本を執筆している人の事を知っているなんてびっくり。
でももっと驚いたのは、母が全く違うある芸能プロダクションの専務さんと思い切り勘違いしていたという事です。
フライトアテンダントになろうを書いた人と母が勘違いしていたのは、俳優のたち弘さんが所属する芸能事務所、石原プロモーションというところの専務さんです。
ルックスは悪くないらしいけど、でも、そんな人がフライトアテンダントの本なんか、書く訳がないですよねぇ。
このフライトアテンダントになろうという本は、ネットのブログやサイトでもかなり指示されていて、私も前から気になっていた一冊ではありました。
今回掲示板で質問した事もよかったし、皆さんからもらった回答を参考に、書籍関連のブログやサイトを読んで、いい本がもっともっと見つかりそうな気がしました。
母の言うような映画やドラマを作っている会社とは全然違います。

フライトアテンダントになろうの著者である小林正彦さんは、INPエアライン学院の学院長、まさにフライトアテンダントを知り尽くした人です。
だから、是非とも読んでみたいと思っているし、他にもいくつか気になる本が見つかりました。
INPエアライン学院は大阪にある専門学校で、フライトアテンダント学課科の他に、ホステス課もあるんですよね。
取り敢えずまずフライトアテンダントになろうをよんで、夢の実現を目指そうかと思っています
posted by ome at 16:53 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。