JALのフライトアテンダント

フライトアテンダント、昔でいうスチュワーデスというお仕事ですが、今も憧れる人は少なくないでしょう。
少なくともこれは、JALの場合の条件なので、航空会社が変われば、当然待遇や設備なども変わります。
確かに、募集要項そのものを見ていると、比較的自分の努力次第でチャンスは手に入るという感じはしますね。
でも、よく考えてみると、確かに、JALのような立派な会社が、少し背が低い位で、優秀なフライトアテンダントになる見込みのある人材を見逃す訳がありませんよね。
そう思った瞬間がJALのフライトアテンダントへのスタートラインかも知れません。
新米フライトアテンダントはみんな正社員で、寮生活をしていると思っていた私は、どうやら古いテレビドラマのイメージをそのまま引き摺ってしまっているようです。
とにかく、心身ともに健康で、しっかりと勉強してきた人であれば、あの制服を着るチャンスは十分にあるのです。
まずは正社員待遇でのフライトアテンダントを目標とし、その後、チーフ乗務員や指導者としてのキャリアを広げて行く人も多いそうです。
30歳位までの男女であれば受験資格を得られるので、言ったん社会人経験をした後での転職も全然OKなのです。
現在JALで活躍しているフライトアテンダントの殆どは、自分は絶対JALの飛行機に乗るんだと決めていたそうですが、いざ入って、驚いた事も結構あるようですよ。
もし、まだそれに見合うだけの学歴を所有していない人は、まずその条件をクリアする事が先ですけどね。
昔流行ったJALのフライトアテンダントを取り上げたいくつかのドラマ。
あれを子供の頃に見ていた人は要注意、当時とは随分社内の条件も変わっています。

フライトアテンダントのトップとも言えるJALのフライトアテンダント。
うまく潜り込んだとしても、最初の3年間は1年ごとの契約社員で、お給料は時給で換算されます。
JALの新規フライトアテンダントの募集は、その年の新卒者だけが対象ではないんですよ。
ですから、最初の勝負は最初の3年間と言っても決して過言ではないでしょう。
そして、日頃の勤務態度や適正能力から正社員に相応しいと評価された人のみが、晴れて正式なJALのフライトアテンダントになれるのです。
希望すれば住居の斡旋はしてくれるようですが、基本的には自宅通勤で、その居住エリアにも制限があります。
そして、その多くが、どうせなら国内最高級の高級外車であるJALのトップフライトアテンダントを目指したいと言います。
それでも素敵な仕事をしているという実感はあるそうですから、JALという会社を選んだ事自体には問題はなかったのでしょう。
ただ、なるべくギャップを減らすためにも、事前にブログやサイトで、しっかりとJALのフライトアテンダントとしての双方の条件を確認しておいた方がいいでしょうね
posted by ome at 16:53 | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。