全日空のフライトアテンダント


往きの飛行機で見たフライトアテンダントの笑顔がその日のビジネスの結果を左右すると言っても決して過言ではありません。

フライトアテンダントと一口に言っても、航空会社によって雰囲気はかなり異なります。フライトアテンダントの笑顔は本当にいいもの、飛行機で出張する事の多い私にとって、フライトアテンダントとの出会いやふれあいは一番の楽しみです。
私は、そうしたフライトアテンダントたちと出会い、接する機内の短い時間に魅力を感じるのです。
ともすれば、地上で彼ら、彼女らと出会っても、何の感動も持たないかも知れません。
恐らく私にとって、フライトアテンダントたちは、まさにフライトの一部分なのでしょう。
又、帰りの機内で見たキャビンアテンダントの笑顔に、どれだけ癒やされ、明日への活力を貰った事か。
謂わばフライトアテンダントはその航空会社の顔、企業の考え方を実に見事に映し出しています。
だから、その日の仕事の内容や目的によって、利用する航空会社を選ぶ事もあります。
こういう話をすると、スケベなおやじのように思われますが、今やフライトアテンダントは女性ばかりとはかぎっていません。
ANAでは20代後半でチーフパーサーとして活躍している人も多く、立ち振る舞いが非常に機敏で、笑顔も他社よりもはるかに多く、気持ちがいい。
気分を落ち着かせたい時には、比較的落ち着いた上品な雰囲気のフライトアテンダントが目立つJALを好む時もありますが、最近は全日空が多いですね。
一歩地上に降り立てば、厳しい現実が待ち構えている昨今、機内でしっかりと若いパワーを吸収しておく事は、実に有り難いのであります。
乗客一人一人のその日の顔色によって、見せる笑顔を変えてくれるのもANAのフライトアテンダントの裏技の一つですね。
これをきっかけに、益々全日空のフライトアテンダントたちにはまってしまいそうな私です。
ただ、自分が時より感じる事、それは全日空の場合、会社がスタッフを育てているのではなく、会社の中でスタッフが自らの力で育っているのではないだろうかという事。
だから、作られたフライトアテンダントではないし、作られた笑顔や言葉ではないので、非常に親しみが持てるのではないでしょうか。
少しずつながらも、ANAのフライトアテンダントたちの魅力の秘密が分かって来たような気がして、とても楽しくなります。
外資系の航空会社では、若くて爽やかな男性が機敏に機内を動き回る姿も目にする事が出来ます
posted by ome at 16:53 | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。