フライトアテンダントの通信教育


例え、いい通信教育そのものは見つからなくても、自力で合格できるコツやポイントなどはゲット出来るでしょうしね。
とは言っても、私はもう50の声を聞こうかというおばさんですからね、勿論、今更フライトアテンダントになんかなりたいとは思っていませんよ。
本音を言うと、もし今からでも許されるのであれば、スチュワーデスとして広い世界を飛び回りたいですけどね。
今、娘は20歳、地元の短大の英文科に通っていて、将来は安定した職業である教師の道を目指すと言っています。
と言う事で、ネットを開いたら最後、フライトアテンダントという文字を絶対に見落とさないようにしている今日この頃です。
けれど、卒業後にまた1年間ほどそうした専門学校に通うとなると、かなりの時間と費用がかかりますよね。
あの頃からずっと言っていたんですよね、将来は私もフライトアテンダントになりたいってね。
フライトアテンダントのもう一つの大きな受験資格である英検1級とTOEIC600点以上という条件も満たしていますしね。

フライトアテンダントという職業に就くための専門的な通信講座。
大抵の方は、短大や4年生大学を出た後に、フライトアテンダントを養成するための専門学校へ行かれると聞きました。
娘にフライトアテンダントになって欲しいという思いはあっても、我が家にはとてもじゃないけど、そんな余裕はありません。
何しろ、フライトアテンダントという仕事そのものには、資格なんてありませんからね。
接客や保安などの実技が中心となる職業ですから、当然と言えば当然なのかも知れません。
たまにフライトアテンダントという文字を見つけても、それは結局受験に必要な語学力や英語検定を取得するための通信講座。
通信講座というのはやはり、あくまでも何かの資格を取るのが目的なんだろうなぁっと実感させられます。
フライトアテンダントの専門学校なら年間100万円位かかるところも少なくないようですが、通信教育なら、それほどはかからないでしょう。
きっと、通信教育になりにくいプラス、通信教育の対象外となる専門職なんでしょうね。
でも、諦めませんよ、何とか娘をフライトアテンダントにならせて上げるために、日々ブログやサイトで情報収集している今日この頃です。
ただ、非常に狭き門だけに、それだけではやはり難しいと思うんですよね。
でも、それは親に負担をかけないためで、私は知っています、彼女がフライトアテンダントになりたいと思っている事を
posted by ome at 16:53 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。