在宅ビジネスとSOHO


いきなり自分のワンルームマンションを立派なSOHOにしちゃったりなんかして・・・。
実は、うちもそうですからね、在宅ビジネスでHPやメルマガの制作をしている主人の部屋はまさにSOHOそのものです。
ついでに私の仕事はライター、これまた、自室が職場の世界です。
そんな中でSOHOが必要な位の規模にまで成長出来れば、それはすごいでしょうし、きっとそれなりの収入も得られるのではないかと思います。
いつかはSOHOが持てる位になって、本格的な在宅ビジネスになってくれたらいいなぁっとは願っています。

在宅ビジネスを本業にしている人もいればサイドビジネスにしている人もいる訳ですが、SOHOを持てる位になれば立派なものですよね。
ちょっとしたお小遣い稼ぎなら、ノートパソコン一台とインターネットが出来る環境さえあれば、十分という在宅ビジネスも多いですから。
今やマイホームにビジネスの拠点を置き、毎ルームがSOHOという人も少なくありませんからね。
因みに、SOHOというのはスモールオフィスとホームを組み合わせた造語の略語、本格的なネットワーク環境や聞きの揃った、まさに在宅ビジネス用の本拠地となる場所です。
主人の部屋を見てると、本当に小さな事務所という感じですが、自宅マンションの一室なので、家賃は兼用でいけます。
通勤の費用や時間も不要なので、在宅ビジネスは、それなりに成り立ちさえすれば、美味しいかも知れませんよ。

在宅ビジネスをいきなり始める事は十分可能なのですが、最初から在宅ビジネス用のSOHOを持つのはどうでしょう。
でも、最近は、就職難という事もあって、最初から在宅ビジネスで整形を立てる事を考える若者も増えていますよね。
ただ、まだ自力で整形が建てられるほどの稼ぎはなく、あくまでも趣味の一環みたいな状態なので、とてもじゃないけど在宅ビジネスとは言えませんけどね。
あれはあれで自分なりにしっかり考えての事だろうし、まあその在宅ビジネスが成功する事を計算している訳でしょう。
いささかダイナミックな行動のような気もしないではありませんが、それも今の就職スタイルなんだなぁっと思いますね。
確かに、求人がないとか、就職先がないと言って、ぼやいてばかりいる人よりも、在宅ビジネスに本腰を入れようとする人の方が、ずっと前向きではあります。
是非とも、SOHOが無駄にならないように、精一杯頑張って欲しいし、応援したいなぁっとは感じますね。
在宅ビジネスやSOHOについての情報は、ブログやサイトの中に沢山掲載されています。
私もいつか、そんな在宅ビジネス関連のブログやサイトを見ながら、自分のSOHOをレイアウトしてみたい者です
posted by ome at 16:53 | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。