在宅ビジネス掲示板


確かに、最初はちょっと怖かったけど、ちゃんとしたブログやサイトや掲示板で得た情報は、割と大丈夫みたいですよ。
嘗ては内職と呼ばれていたような軽作業も、今は在宅ビジネスと表現し、掲示板で堂々と募集されています。
でも、やっぱり多いのはパソコンを使ったデスクワークのようですね。
逆に言うと、パソコンに関するある程度の知識と技術さえ持っていれば、いくらでも在宅ビジネスはあるという感じです。
今時の在宅ワークは、まさに在宅ビジネス、昔のように主婦が細々と何かを作ったり、針仕事をするのとは随分中身が違いますよね。
まあ、皆さんももし、暇だったら、そんな在宅ビジネス関連のブログやサイトから情報を仕入れてみて下さい。
まあ、でも文章がへたくそでも、家でパソコンさえ使えれば、出来る在宅ビジネスは他にいくらでもあります。
もし、自分が半年位、この在宅ビジネスを続けられたら、絶対ブログに書こうと思っていたので、今日は書きました。
例えば、指定された本や雑誌を読んだり、テレビを見て、その感想などを投稿するというお仕事。
はっきり言って、収入的には非常に低い在宅ビジネスではありますが、自分には向いているなぁっと思いました。
早速、その掲示板をみて応募したのですが、やはりみんな考える事は同じのようで、応募者が多かったために、落選してしまいましたけどね。
いくら簡単な仕事とは言え、あくまでも在宅ビジネスですから、それなりのスキルは求められます。
私の場合は、このブログを読んでもらっても分かる通り、余り文章を書くのが上手じゃないので、者の見事に不採用となってしまったようです。

在宅ビジネスの応募に一度落ちると、何が何でもしたくなっちゃって・・・。
勿論、その掲示板で見付けて応募して、採用してもらったお仕事です。
この在宅ビジネスを始めたからというもの、昼間退屈しなくなったし、無駄遣いをしなくなりました。
まだまだ金額から言うと、在宅ビジネスという立派なものではなく、内職の段階だけど、損得勘定をすると、それなりに利益は上がっています。
それで、インターネットでブログやサイトを見ているうちに、在宅ビジネスの存在と普及を知りました。
これなら、夜や休日に若い人がサイドビジネスとして出来るなぁっと思うものばかりです。
それで、今はOL時代の経験を活かして、エクセルでデータを整理する在宅ビジネスを始めたんですよね。在宅ビジネスの掲示板を見ていると、実に多種多様にあるんですね
posted by ome at 16:53 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。