所得収入

収入と所得という言葉は、一見すると同じものを指しているように見えるかもしれません。
なるほど、確かに性質自体に大きな違いはありませんが、本質を見比べてみると収入と所得にはクッキリと境界線が引かれていますね。
ただ、収入と所得の違いについて、ぼんやりでも違いを見出しておくというのは後々都合が良いようです。
むしろ、収入と所得の違いをイメージできないままでいると、少し困った事態に陥ってしまうかもしれません。
つまり、いくら収入が多くても経費が増えてしまえば所得は少なくなってしまうのです。
収入を得るためには様々な設備や資金が必要となり、それら経費は収入から差し引かなくてはなりません。

収入が多いのは、ほとんどの人にとって嬉しい事ではないでしょうか。
対価となる労働の程度にもよりますが、やはり収入は少ないよりも多い方が嬉しく、やる気の向上にも繋がるでしょう。
収入とは、自分の懐に入ってくるお金全体のことを指した言葉のようです。
収入とは労働をした対価として得られる賃金の総額で、それを全て自由に使用できる訳ではありません。
それでは、収入と所得との決定的な違いはどこにあるのでしょうか。
更に経費が増えてしまえば、それは即ち赤字を意味します。

収入が多く、かつ経費が少ないというのが理想的な形かもしれませんね。
一般的なサラリーマンの場合、収入に対して必要とされる経費はそれ程多くないと言われています。
一方、自営業の場合だと収入に対する経費はかなり必要とされるようです。
収入だけをざっと見ると、自営業、特に農家などはサラリーマンのそれをかなり上回っているかもしれません。
しかし、最終的な所得としてはサラリーマンも農家も同じような所得かもしれません。
あまり気分の良い趣味とは言えませんが、生活レベルを比較する際にこの収入と所得との違いは最低限把握しておきたいです。
学生にとっては然程重要でないかもしれませんが、社会人になると収入に関連した知識は身に付けておきたいです。
posted by ome at 16:53 | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。