自営業の結婚問題と経営


格安チェーン店の進出などに押され、個人の自営業者は辛酸をなめているが、特にサービス業の低迷が顕著らしい。
我が国では自営業だけでなく、結婚年齢が上がっていて、少子化問題とも関わって来ている。

自営業の不振は深刻化していて、先が見えない迷路のように、不安と焦りだけが襲ってくる。
実際、個人経営の自営業者は、晩婚が多いと言われて久しいが、女性の側からすれば理解できる。

自営業者の結婚に関して、現状を知りたい場合は、ネットを活用してみると良いかもしれない。
関連のサイトには、各種自営業の結婚、婚活対策など、参考になる情報が満載されていることだろう。
只でさえ嫁の来てが乏しい自営業の世界なのに、経済面でも苦労しなければならないとすれば、さらに難航してしまうのは、自明の理だ。
長い不況下だが、自営業だけでなく、複合的に混迷を極める日本であるから、悲観的にならざるを得ないが、希望は失ってはいけない。
コストダウンや人員削減には限界があり、自営業者の経営も結婚問題も、不透明な時代と言って良いかもしれない。
現状での自営業の結婚問題は、切実であるがゆえに、傍観してはいられないと思うのだが、如何であろうか。
個人の自営業の後継者は、現オーナーである「親」と、同居の場合が多いだろうから、その辺も婚期が遅れる要素にはなっているだろう。
結婚問題は、なにも自営業者だけが苦慮している訳ではないが、様々な難問が複合しているという点で、憂慮すべき業界になってしまっているのだ。
自営業の嫁になると言うことは、女性側にとっては、相当なプレッシャーが予想されるので、二の足を踏む気持ちが働くのだろう。
上記のように、自営業を取り巻く環境は、結婚問題や後継者問題、地域の過疎化などがあり、さらに拍車をかけて経営不振となると、お手上げ状態にも見える。
これでは、自営業を継がない子供が増えても、致し方ない。
忍耐の時代は続くが、「春が来ない冬はない」のと同じように、自営業の結婚も必ず実るはずなのだ
posted by ome at 16:53 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。