自営業開業の留意点


将来性を考えて、自営業を継がない後継者が続出しているし、開業をためらう方も多いだろう。
開業したい業種の情報や、自営業の改善例などが、関連のサイトには集まっているようなので、参考にされても良いだろう。
早急な対応を迫られている自営業だから、国の政策を含めて、抜本的な対策を期待するとともに、民間の団体や地元行政を含めて、対応していただきたい。
技術系の自営業でもそうなのに、まして小売り業なら尚更で、同じものであれば、安い方を買う消費者を責められない。    
自営業は、サービス業や、小売業などの第三次産業にカテゴライズされるが、これら第三次産業は社会情勢、経済状況などに左右されやすい業種とも言える。
不況下での自営業の開業は、かなりの勇気と情報収集が不可欠なのは言うまでもないだろう。
昔ながらの、町の小売業の自営業は、廃業の危機に瀕している。
自営業の私の店も、売り上げはバブル以前の半分であるが、こうした中、新たに開業、参入してくるのは、大型チェーン店やディスカウント店だ。
こうした状況を背景に、開業する一方、倒産や廃業に追い込まれているサービス業や、小売業などの自営業も後を絶たない。
後継者問題や地域の過疎化などを挙げたが、自営業においては、不況が最も大きな原因である事は間違いない。自営業の開業に関しての相談は、インターネットでも可能のようだ。
このままでは、自営業者の担い手は、いなくなってしまうかも知れない。

自営業の様々な業種でも、あらゆる努力がされていると思うし、現に業績を伸ばしている方も居られると聞く。
「コスト 削減」と簡単に言うが、自営業の場合のそれは、ある種「自分で自分の首を絞める」行為になりかねない。
不況以外にも、後継者問題や地域の過疎化など、問題が山積している自営業は、瀕死の状態と言ったら言い過ぎであろうか。
個人経営の自営業者の近所に、同業の大型チェーン店やディスカウント店が開業したら、太刀打ちできない。
posted by ome at 16:53 | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。