自営業の個人年金

自営業のご家庭では、退職金代わりに個人年金に入っている方は多いだろう。
外的要因としては、社会情勢やデフレなども挙げられるが、自営業の年金は今後も予断を許さない。
決まった月収のない、個人経営の自営業者は、不況の波に晒されると非常に弱く、自己防衛のためにも、個人年金などに加入して備えるのだ。
自営業の中でも、サービス業や小売り業が、価格において、ディスカウントのチェーン店と対抗できる筈もなく、一人二人と大事な顧客を取られていく。
底の見えない不況、無策の政治家、激安店の進出と、自営業者を苦しめる敵はあまりにも多い。

自営業の苦戦は厳しくなる一方で、個人年金さえ解約せざるを得ない方もいる。
加えて、後継者問題や地域の過疎化など、問題山積の自営業なのだが、解決の糸口はどのあたりにあるのか、私も知りたい。
最悪の状況と言える自営業関連の状態だが、更に追い打ちをかけて、デフレの波が押し寄せているから、国民年金程度の社会保障では、老後の生活は安心できない。
忍耐の時代は、これから先も当分続きそうだから、自営業の年金問題も続いて行くと思われる。
個人年金は将来性を考えて、加入しておいた方が良いが、自営業者は、それすらままならないほど、追い込まれている。
「コスト 削減」にも限界があるし、「人員削減」といっても、元々最少人数で経営している自営業が殆どであり、厳しい状況は変わらない。
情報サイトで、各種自営業の年金の平均や、問題点を洗い出し、今後の対策を練っていただければ良いだろう。
自営業者本人の努力は当然としても、国や市町村の対策も、本腰を入れてもらいたいと思っているのは、私だけではあるまい。
不況が続く日本だが、自営業だけでなく、あらゆる業種の人が、個人年金で老後に備えていると聞くが、それだけ今後の行方に、不安を抱いていると言うことに他ならない。
退職金がない自営業者は、個人個人で、老後の設計をしなければならない。
このままでは、不振にあえぐ自営業は、公的年金さえも払えないかも知れない
posted by ome at 16:53 | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。