自営業の確定申告

自営業の方なら、必ずしなければならない確定申告だが、年々減ってゆく申告の額に、溜息を吐いておられるだろう。
個人経営の自営業者は、確定申告の手続きを、商工会に頼んだり、会計士を雇って任せているが、この不況で、経営者自ら申告する人も増えていることだろう。
確定申告の手続きを、商工会や会計士に依頼すれば費用がかかるので、自営業はその分を浮かせようと、なれない手続きを試みるのである。
現在では、「EーTAX」といって、ネットで確定申告ができるシステムも、稼働が始まったようなので、自営業者で利用された方もおられるかもしれない。

自営業の確定申告についての疑問があれば、インターネットで検索すれば、かなりの情報が得られるであろう。
自営業者は、確定申告時期になると、営業不振の実態を、数字によってマザマザと見せつけられて、憂鬱になるだろう。
ところで、自営業者への国や市町村の対策は、進んでいるのだろうか。
経済状況は、デフレスパイラルから脱却ができず、先が見えないが、行政の、個人自営業者への対応は、冷たく感じるのは私だけでは無いだろう。
確定申告の問題は、なにも自営業だけでは無いだろうが、直面する業種として、真っ先に思いつくのが自営業ということだ。
退職金がある、公務員やサラリーマンと違い、自営業者の老後の設計は、自分で考えなければならない。
不況が続く自営業業界だが、確定申告は必ずしなければならない。
それほど、個人自営業者の状況は、逼迫していると言うことである。
それほど自営業業界の不振は、深刻化していると言うことを、為政者は認識していただきたい。
まして、個人年金の加入となると、新規では躊躇してしまうかも知れないと思うと、自営業者の明日はあるのかと、暗澹たる気持ちになる。
人件費を削減し、コストをギリギリ抑えても、元々切り詰めて経営している自営業が殆どなので、限界がある。
自営業者の中に、自殺者も出している現状は、異常としか言い表せない
posted by ome at 16:53 | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。