自営業者の老後の生活設計


景気が良ければ、1年に1回は、家族で旅行をしていた自営業の家族も、今はそんな余裕はないという方も多いだろう。
深刻の度を増す経済状況の中、自営業業界に限らず、不況は押し寄せているが、不況から脱却するまでに、力尽きる業者もあるだろう。
ましてや、新規参入の自営業者にとっては、苦しい船出とならざるを得ない。
バブル崩壊以降の「平成不況」から、今だ抜け出せない日本だから、自営業者に限らず、老後に不安を抱いている人は、相当おられると思う。
自営業者は、同業者との客の食い合いや、後継者問題、近隣地域の過疎化など、不況や老後以外にも難問を抱えている。
自営業者の老後の相談窓口は、商工会や銀行で開設しているようだが、インターネットなどでも受け付ける所もあるようなので、検索してみても損はない。

自営業者の老後は、決して安泰ではなく、むしろ厳しいのが現状である。
ネットで、自営業者の老後に焦点を当てた、保険や金融商品があれば、利用を検討されても良いのではないか。
自営業者の現状が、大変厳しいという事実を踏まえた上で、問題を考えていかないと、認識を誤ることは目に見えている。
あらゆる業種、あらゆる階層の人が直面している老後の問題は、自営業を筆頭に、社会全体を暗雲のように覆っていると言っても、過言ではないだろう。
売り上げは伸びない上に、近所に競合店舗が乱立されては、自営業者はどうすればいいのか悩んでしまうのは、当たり前だ。
自営業者は、老後の不安で夜も眠れない。

自営業の方は収入が年々減って、増改築や設備投資の為の、資金調達が思うように出来ないのが現状であろう。
先が見えない日本の景気ではあるが、自営業者もそうでない方も、歯を食いしばって頑張っておられる。
本来、そんな国民の老後や将来の不安に、手を差し伸べるのが政治なのであろうが、自営業者に対しても、十分な方策を出しているとは思えない。
自営業者は、老後の生活設計を検討する前に、直近の1ヶ月、1年を凌ぐことで頭がいっぱいなのである。
posted by ome at 16:53 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。