認知症ケア専門士試験の受験資格


お年寄りが増える高齢化社会の日本、認知症ケア専門士は、認知症に悩んだり苦しんだりしている人たちを支える貴重な存在です。
認知症ケア専門士は非常に新しい資格ですが、認知症に関わる人の間では大変注目されており、今後取得者が増えるのではないかと言われています。
これら「認知症ケア専門士になる為の四つの項目」すべての出題問題は200、それぞれ50問ずつとなりますので、しっかり勉強しましょう。
そんな認知症ケア専門士、知名度の上昇と共に各地で講座やセミナーなどが行われる様になり、受講者も増えつつあります。
認知症ケア専門士は、これからの日本に無くてはならない存在かもしれません。
その後の認知症ケア専門士の二次試験では、論述とディスカッションで自身の考えを述べる様になりますので、一次とはまた違った試験対策が必要となります。
つまり、認知症ケア専門士の資格と言うのは「これがあるから認知症に関わることができる」と言うものではないと言うことです。
あくまで、「認知症に関わる仕事をしてきた人を、しっかりとした知識や実践経験があると認定するもの」なのです。
認知症ケア専門士の試験は一次試験と二次試験に渡って行われ、一次試験では「四つの分野」について問題が出題されます。
認知症ケア専門士への道は、決して平坦なものではないのです。

認知症ケア専門士になる為の一次試験内容は「認知症ケアの基礎」「認知症ケアの実際」「認知症ケアの実際2」「認知症ケアにおける社会資源」に分けられます。
これらの試験内容には、認知症ケア専門士になる為に必要な知識が込められていますので、参考書などを購入して勉強することをお勧めします。
認知症に関わる中で、「認知症ケア専門士」の資格を持っていれば、「この人は知識と経験に溢れている」と第三者から認定してもらうことができるからです。
また、認知症ケア専門士の試験にどうしても合格したい場合は「セミナーや講座」などに申し込んでみることをお勧めします。
セミナーや講座では、認知症ケア専門士になる為の授業をしっかり行ってくれますので、一人で勉強するよりも心強いと思いますよ。
posted by ome at 16:53 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。