認知症ケア専門士試験の問題集


認知症ケア専門士が扱う「認知症」は、その病気になってしまった人はもちろん、家族の人にも非常に大きな負担をかけるものです。
増え続ける認知症患者、そしてそれを支える家族のケアを担う認知症ケア専門士の存在は、これからの日本に必要不可欠な存在です。
まず、認知症ケア専門士になるには、「定められた期間の中で三年以上の認知症に関する実務経験がある」ことが条件となります。
そういった人たちにかかる負担を、知識や技術で支えるのが認知症ケア専門士の仕事なのです。

認知症ケア専門士の資格を取るためのテストですが、勉強には問題集を使用すると良いでしょう。
また、認知症ケア専門士になるには「一次試験」「二次試験」をクリアしなければならず、その道は決して簡単なものではありません。
しかし、これからの医療の現場を支えていく認知症ケア専門士の仕事は、これからどんどん増えていくと予想されます。
現在認知症に関わる仕事をしていている方は、認知症ケア専門士の資格を取っておけば「きちんとした知識と実績を持つ」と言う証明にもなるはず。
これから認知症に関わる仕事をする人も、将来的には認知症ケア専門士の資格を取ることを視野に入れてみてはいかがでしょうか。
認知症ケア専門士の資格は、自身のスキルを表すものとして使用できます。
日本認知症ケア学会では、認知症ケア専門士になる為のテキストを販売しています。
つまり、「認知症ケア専門士になってから認知症に関わる」と言う事はできないのです。
認知症ケア専門士になる為の四つの試験ごとに纏められたテキスト、そして手引きがありますので、試験を受けたい人にはお勧めです。
認知症の知識があっても、認知症ケア専門士に合格するには「問題を解くコツ」を知る事が必要ですので、この様な問題集で慣れておくと良いでしょう。
これからずっと認知症に関わっていく人に、認知症ケア専門士はお勧めです
posted by ome at 16:53 | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。