認知症ケア専門士試験の合格率


では、この認知症ケア専門士になる為の試験、合格率は一体どの程度なのでしょう。
認知症ケア専門士が専門的に扱う「認知症」は、現在その数が増加傾向にあると言われており、専門に診る人が多く必要とされています。
認知症は、患者だけでなく家族にも影響を及ぼすもので、認知症ケア専門士はそれらの問題に悩む人を支える存在でもあります。
老人が増え、認知症の患者が増えつつある中、認知症ケア専門士はこれから需要が高まっていくと言われている資格のひとつです。
そんな認知症ケア専門士ですが、「なりたい」と思った人全てがなれるわけではありません。
そして、認知症ケア専門士の試験に合格すること。
が、この合格率を見る限り、認知症ケア専門士の試験は「簡単ではない」と言うことが解ります。認知症ケア専門士という資格が注目を集めているのを御存知でしょうか。

認知症ケア専門士の試験について調べてみると、「決して難しい試験内容ではない」と言う書き込みを見ることもあります。
まず認知症ケア専門士の2005年度の合格率を見てみると、受けた人数が5121人であるのに対し、合格者が2445人となっています。
そして、2006年度に認知症ケア専門士の試験を受けた人が5313人、合格したのが3449人です。
この年は認知症ケア専門士の試験に合格した人数が多くなっており、合格率も64.9パーセントと非常に高くなっています。
しかし、その次の年の認知症ケア専門士の合格率を見ると、44.0パーセントになりますので、合格率が上がっている訳ではない様です。
認知症ケア専門士の試験を受けた人の、大体半数が受かると言う数字でしょうか。
これらの事をクリアして、始めて認知症ケア専門士になる事ができるのです。
講座やセミナーでは、認知症ケア専門士になる為の専門的な授業や勉強の仕方を指導してくれます。
認知症ケア専門士になりたいと言う人には心強い存在だと思います。
これから需要が増えること確実な認知症ケア専門士、是非目指してみて下さい
posted by ome at 16:53 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。