認知症ケア専門士の二次試験

認知症ケア専門士、と言う職業が注目を集めていますね。
老人が増え続けるのと並行して、「認知症」の患者も増加傾向にあると言われています。
そんな認知症のスペシャリストが「認知症ケア専門士」です。

認知症ケア専門士の二次試験は、「論述」「ディスカッション」で構成されています。
認知症は、本人だけでなく家族にも大きな負担をかけますので、認知症ケア専門士は「認知症」に関わる人すべてを助けることになります。
一次試験はテキストなどで勉強をすれば説く事ができますが、認知症ケア専門士の二次試験は「認知症に対する自分の気持ちや考え方」を纏めておかなければ回答できません。
認知症ケア専門士の一次試験合格は「インターネットでホームーページを使っての発表」、そして二次試験が「投函での通知」だそうです。
また、認知症ケア専門士になるには一次試験と二次試験があり、一次試験は四つの項目に分けられたテストを受ける事になります。
では、認知症ケア専門士の二次試験についてはどうなのでしょう。
そんな認知症ケア専門士ですが、この資格を取得するには「試験を受ける日から遡って十年の間に、三年以上の実務経験があること」が条件になります。
この為、認知症ケア専門士の二次試験を受ける人は、当日言いたいことや書きたい事を巧く纏められる様に考えをまとめておくと良いでしょう。

認知症ケア専門士は、これからどんどん必要とされていく資格の様に思います。
認知症ケア専門士となれば、仕事は非常に厳しいものになることが予想されます。
つまり「認知症ケア専門士の資格が欲しいから、試験を受ける」と言うわけにはいかないと言うことですね。
認知症ケア専門士の二次試験について調べてみると、ディスカッションは「行動障害が有る人への接し方」「資格を取ったらどうしたいか」などの内容の様です。
でも、その分やりがいがある仕事でもあります。
介護の世界で長く仕事をしていくなら、認知症ケア専門士の資格はきっと役に立つはずです。
認知症ケア専門士、是非目指してみて下さい
posted by ome at 16:53 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。