認知症ケア専門士試験のテキスト


これは、認知症ケア専門士一次試験とは異なり、あらかじめ頭の中に「言いたいこと」が纏まっていないとクリアできない問題です。
認知症ケア専門士は、その名の通り「認知症」を専門的に扱う資格のことです。
日本は高齢化社会に突入し、その事から認知症を患う人が増えているといいます。

認知症ケア専門士になるには、一次試験と二次試験に合格をしなければなりません。
認知症を患う患者の数が増加傾向にある現在、認知症ケア専門士の資格を持つ人は、将来の医療を支える貴重な存在であると言えます。
認知症ケア専門士は非常に新しい資格ですが、その重要性が認識されているためか、各地で講座やセミナーなどが積極的に開催されています。
この事からも、認知症ケア専門士が必要とされている現状を伺い知ることができます。
日本認知症ケア学会からは、認知症ケア専門士に合格する為のテキストが五冊出ています。認知症ケア専門士と言う資格の存在を御存知でしょうか。
その後「認知症ケア専門士一次試験」に合格をしたら、論述&ディスカッション形式の二次試験に進みます。
認知症ケア専門士は、とても奥が深い仕事です。
それぞれ50問、まずはこの問題をクリアしなければ認知症ケア専門士になることができません。
認知症ケア専門士は、そんな認知症患者や家族たちを手伝ったり、アドバイスをしたりします。
認知症ケア専門士になる為の試験「認知症ケアの基礎」「認知症ケアの実際?」「認知症ケアの実際?」「認知症ケアにおける社会資源」、そして事例集です。
これらのテキストは、認知症ケア専門士を目指す上で頼れる存在になるはずです。
認知症ケア専門士の合格率は約半分。
受けた人全てが認知症ケア専門士の試験に合格できるわけではありません。
でも、現在認知症に関わる仕事をしていて、これからも関わっていきたいと考えているのであれば、認知症ケア専門士の資格は必ず役にたつはずです。
posted by ome at 16:53 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。