介護支援専門員とは


介護支援専門員の仕事は、楽ではありませんが「人を支え、助ける重要な仕事」です。

介護支援専門員の仕事の中で、とても大きなものといえば「介護サービス計画を立てる」と言うことなのではないでしょうか。
介護支援専門員と言うのは、「ケアマネージャー」のことで、2000年の4月に作られた介護の制度です。
介護支援専門員は、「介護保険法」と言う法律をいかに生かしていくのかを、「介護が必要」と診断された人やその家族と一緒に考えていく仕事です。
「介護が必要」と診断された人を「要介護」と言いますが、ケアマネージャーはそういった人たちの介護について、親身になって相談に乗ってくれる存在です。
高齢化社会といわれる日本、介護支援専門員の存在は日に日に注目され、また「これからの日本に必ず必要な存在」とも言われています。
介護保険制度は解りにくい所もありますが、介護支援専門員はきちんと内容を説明した上で「この支援を受けることができる」とアドバイスをしてくれます。
不景気の時代に手に職を、と考えている人にとって、介護支援専門員と言う資格は良いかもしれません。
介護支援相談員が紹介する「介護保険制度」には、「訪問介護サービス」「訪問リハビリ」「訪問看護」「デイサービス」などたくさんのものがあります。
もちろん介護支援専門員は簡単になることができるものではありませんが、やりがいがありますし、これから需要が伸びていくものでもあります。
介護支援専門員は、とても大切な役割を担っているのです。
これらすべてを個人で調べるのは難しいですが、介護支援専門員の人が居れば、きちんとした説明をしてくれるので安心です。介護支援専門員という仕事をご存知でしょうか。
「人の役に立つ仕事がしたい」と考えている人は、介護支援専門員を目指してみてはいかがでしょうか。
介護支援専門員、奥が深い仕事だと思いますよ
posted by ome at 20:53 | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。