介護支援専門員試験の合格基準

「介護支援専門員」と言う資格が注目を集めていることをご存知でしょうか。
そんな介護支援専門員の気になる合格基準ですが、事前に「このくらいの点数を取れば受かる」と発表されるものではないそうです。
介護の世界で今後仕事をしていきたいと思う人は、悔悟支援専門員を目指してみてはいかがでしょう。
介護支援専門員が紹介する「介護保険制度」には、「訪問介護」「デイサービス」などが含まれ、これらをその人や家族の希望で組み立てていきます。
そんな介護支援専門員ですが、この資格を取得する為には「医師」「言語療法士」「看護師」「栄養士」などの資格が必要です。
また、それが無い場合に介護支援専門員になるには「医療機関などで働いた年数」などの条件もクリアしなければなりませんので、かなりハードルが高くなると思います。
そんな介護支援専門員、合格基準はどんなものなのでしょうか。
年にもよりますが、受けた人の多くが落ちることもあるそうで、介護支援専門員と言うもののハードルの高さが伺えますよね。
介護支援専門員と言うのは「ケアマネージャー」と言われる職業で、介護を必要としている人や家族に「ケアプラン」などを紹介する職業です。
合格基準に関しては、介護支援専門員の試験が終わり、合格発表と一緒に発表されます。
もちろん、介護支援専門員の過去問題に関する合格基準は知ることができるみたいなので、試験合格を目指している人はこちらを参考にしてみてはどうでしょう。
介護支援専門員を目指す人にとっては心強い情報だと思います。
そんな介護支援専門員の仕事は、介護に悩む多くの人々を救っています。
介護の仕事も介護支援専門員の仕事も非常に大変なものですが、その仕事内容は非常にやりがいがあるものです。
高齢化社会でお年寄りが増えている昨今、介護支援専門員の存在は「介護される人とその家族を宣する人」として重要性を増しています。

介護支援専門員の試験は難しいですが、それでも「クリアしたい」と思うのは、やはりこの資格の魅力が非常に高いものだからでしょう。
posted by ome at 16:53 | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。