介護支援専門員の資格

介護支援専門員という仕事が注目されているのをご存知でしょうか。
高齢化社会の日本、年々「介護」の必要性は高まるばかりです。
「介護が必要」とされた人やその家族にとって、介護支援専門員は「未来の計画を一緒に立ててくれる人」でもあると言うことですね。
介護支援専門員が説明してくれる「介護保険法」と言うのは、「介護が必要」と診断された人のみが使用することができる制度です。

介護支援専門員は国家資格ですので、資格を取得するにはある一定の条件を満たさなければなりません。
介護支援専門員とは、「介護が必要」と判断された人に対して、「介護保険法」の利用の仕方やケアプランの説明をしてくれる人のことです。
他にも介護支援専門員になる為に必要な資格の種類はたくさんありますので、まずは自分がそれを持っているかを調べてみて下さい。

介護支援専門員は、誰もがなることはできない非常に難しい資格です。
また、誰もが介護支援専門員になれるというわけでなく、対象となる資格を取得している人、または指定された実務経験がある人に限られます。
介護支援専門員になることができる資格は、「医師」「薬剤師」「看護師」「歯科医師」「保健師」「助産師」「栄養士」などです。
介護支援専門員として働くには、福祉や医療などの現場で5年以上働いているなどの条件が必要となります。
この介護支援専門員として働くための条件も様々です。
介護支援専門員は、介護保険法の中の「デイサービス」「訪問介護」「ショートステイ」などを紹介してくれるばかりでなく、介護プランも一緒に考えてくれます。
しかし、裏を返せばそれだけ介護支援専門員の仕事は大変で「誰でもできるものではない」と言うことです。
また、この資格を持たずに介護支援専門員になる場合にも条件があります。
しかしそれだけにやりがいもあり、尊い仕事でもあります。
介護支援専門員の存在は年々その需要が高まっており、これからも必要とされる場が増えるのではないかと思います。
posted by ome at 16:53 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。