介護支援専門員試験受験の準備

介護支援専門員という資格が非常に注目を集めています。
介護支援専門員とは、「介護が必要」と認定された人に対し、介護保険制度の説明や、どんなケアプランがあるのかを教えてくれる人のことです。
介護支援専門員の試験は非常に難しいらしく、年によってはかなりの人数が不合格になることもあるそうです。
この様なプログラムを介護支援専門員が組んであげることで、介護を受ける人や介護をする人の手助けをしてあげると言うことですね。
日本は「高齢化社会」と言われるほど高齢の人が良い区、介護支援専門員の必要性も年々高まっていると言われています。
また、資格無しに介護支援専門員になるには、「保険」「医療」などの施設での実務経験などの必要性もありますので、これをクリアしなければなりません。
そんな介護支援専門員ですが、 実は「なりたい」と思った人すべてがなれる訳ではありません。
この実務研修の中で、介護支援専門員になる為の知識などを学び、それをクリアして初めて現場で働くことが許されます。
まず、介護支援専門員になるには「医師」「看護師」「言語聴覚士」「栄養士」などの資格が必要ですので、この資格を取得する必要があります。
この様な条件をクリアして、初めて「介護支援専門員」になることができるのです。
介護支援専門員になることがいかに難しいのかが解りますね。

介護支援専門員になる為の試験をクリアすると、実務研修を受けることになります。

介護支援専門員になるには、試験を受ける以前に「クリアしておかなければならない項目」がたくさんありますので注意が必要です。
条件をクリアしていたとしても、介護支援専門員への道は非常に厳しく、険しいものだと思った方が良いでしょう。
介護支援専門員には、どうやったらなることができるのでしょう
posted by ome at 17:53 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。