介護支援専門員の更新制度

介護支援専門員という資格をご存知でしょうか。
介護支援専門員と言うのは「ケアマネージャー」とも呼ばれている仕事のことで、介護の現場において非常に重要な役割を果たしている職業のことです。
現代は高齢化社会と言われている現代、介護支援専門員は、「介護の現場に欠かせない存在」と言われています。
介護支援専門員は、「介護が必要」と診断された人とその家族に、「介護保険法」に基づいたプランを紹介する仕事のことを言います。
あくまで免許を取り、もしくはコツコツと経験を積んで介護支援専門員を目指す必要があるのです。
それに合格するためには、過去問や問題集などを利用しながら勉強することが必要不可欠となるのではないでしょうか。
それだけに大変な仕事ですが、とてもやりがいがある仕事です。
では、介護支援専門員になるにはどうしたら良いのでしょう。
介護支援専門員になる為には、「看護師」「医師」などの免許を取得する必要があり、それがない場合は医療機関などで働いた実績が必要になります。
いきなり「介護支援専門員になりたい」と思っても、それはできないと言うことになります。
大切な仕事だからこそ、介護支援専門員として働いていくには様々な努力が必要になるのですね。
介護支援専門員は非常に重要な仕事だけに、試験もとても難しいです。

介護支援専門員になるには試験を受けなければなりませんが、難しい年だと多くの不合格者が出るほど難しい試験です。
介護支援専門員は、現在までに介護に悩む人や苦しむ人の多くを救っています。
つまり、介護支援専門員と言うのは「介護をする人」「その家族」にとって「案内人」の様な役割を果たす人だと言う訳です。
また、介護支援専門員になってからも「更新」が必要で、研修を受ける必要があります。
介護支援専門員は、これからの日本社会を支えていく非常に大切な職業です。
介護支援専門員、とてもやりがいのある仕事だと思います
posted by ome at 16:53 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。