システムアナリストとは

システムアナリストとは、その手の業界の人でない限り、あまり聞きなれない言葉かもしれません。
業務としてのシステムアナリストとは主に、顧客の要望を聞く人のことです。
システムアナリストやその試験対策について調べたい人は、まずはインターネットなどで調べるのが一番良いでしょう。
計画を立案したりシステム開発の援助をするのもシステムアナリストの仕事です。
言ってみれば、システムアナリストとは情報システムを企画する人のことです。
本屋に行くよりも早く、システムアナリストの情報が手に入りますから。
つまり、システムアナリストは、開発者としての知識だけ持っていれば良いという訳ではありません。
システムの分析や評価を行う力を認定する資格として、国家資格のひとつにもなっています。
システムアナリストは顧客と開発者の双方に関わるため、経営的な知識が求められます。
さらにシステムアナリストはシステム自体の費用対効果などにも目を配る必要が出てきます。
それらの観点を考慮した上で、システムの企画から分析などの行程に関わるのがシステムアナリストなのです。
システムアナリストの他にも人材育成カリキュラムについて公開しているので調べてみてはいかがでしょうか。
システムアナリストは企業経営の立場に立った、情報処理システムの構築を進める人のことです。
いってみれば、システムアナリストは情報処理技術者という位置付けになります。
現状のコンピュータシステムを有効活用できるように、システムアナリストが再構築していくこともあります。

システムアナリストとは、誰でもなれる訳ではありません。
それなりの知識と経営者としての感覚、技術者としての知識を磨かなければシステムアナリストにはなれません。
もちろんシステムアナリストとしての情報技術の知識にも精通している必要があるのは言うまでもありません。
posted by ome at 16:53 | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。