Webクリエーターの資格

Webクリエーターになるために必修の資格、というと最良なものを列挙するのは少し難しいかもしれません。
Webクリエーターとして会社に採用されるつもりなら、能力認定試験などの検定は合否の勘案事項として考慮されることでしょう。
ですがWebクリエーターになるために絶対必要の資格なのか、と問われると首をひねるところです。
そうなればWebクリエーターに必要な資格と称して間違いではないのでしょう。
ですがWebクリエーター以外の職種でも、検定のみで判断して雇い入れてもらうという例は稀ではないでしょうか。

Webクリエーターの資格を知るために、まずはその仕事内容ついて振り返ってみましょう。
Webクリエーターが請け負う仕事といえば、企業サイトなどの作成ですので、HTMLなどの知識・技術は欠かせません。
しかしホームページを作ったからといって、誰もがWebクリエーターになれるわけでもないはずです。
誰でもホームページを制作できる今、素人とWebクリエーターを隔てているのは、顧客の有無ではないでしょうか。
どんなにIT関係のスキルを上げても、依頼主がひとりもいなければ、Webクリエーターの仕事として立ち行かないものです。
それには自分の作品を売り込む力であったり、仕事をもぎ取ってくる行動力であったり、Webクリエーターらしい技能の外にある能力が必要となるのではないでしょうか。

Webクリエーターとしての資格、それは技術以前の問題かもしれません。
Webクリエーターを目指し始めたばかりで動き方が分からない、というのなら、とりあえず検定などを目標にしてみるのもいいかもしれません。
Webクリエーターは流れの早い業界で、次々に勉強や修練が待ち受けている過酷なものでもあるはずです。
Webクリエーターに関する勉強などを経ていくうちに、自分にその資格があるのか見極めることができるはずです。
Webクリエーターという仕事には締め切りが求められ、依頼主の要望にも応えなければならないでしょう。
想像すると不安がもたげてきますが、それでもまず動き出せる人に、Webクリエーターの資格があるのではないでしょうか。
資格があるのか確かめるためにも、まずはWebクリエーターに関する資格などを探すことから始めてみてはいかがでしょうか
posted by ome at 18:53 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。