Webクリエーターの能力認定試験

Webクリエーター能力認定試験という言葉を耳にしたことがある方はどれほどいるでしょうか。
IT関連の資格というといろいろなものを連想しますが、この試験をパスすることはいかにもWebクリエーターにとって有益な資格となりえそうですね。
もちろん就職に際しても資格の獲得は大きなものですが、Webクリエーターがクリエーターの名を冠する限り、この手の資格は副産物的な効果をもたらしてくれると思います。
それはつまり、顧客や雇用側から見たWebクリエーターの目印という役割を超えた利点があるのではないかということです。
それはWebクリエーターのレベルアップとして目標にすべきものがないからではないでしょうか。
Webクリエーターとして会社勤めをしていても、個人で起業・運営をしていても、正確な自己評価というのは下しにくいものだと思います。
客観的な力量判定のためにも、Webクリエーター能力認定試験に挑んでみるのも良いかもしれません。
受験に興味があるのなら、とりあえずサイトやブログから、Webクリエーター能力認定試験に関する資料などに目を通してみてはいかがでしょうか。
ですが言うほど簡単にWebクリエーターとして極め続けられるかというと、疑問も残るはずです。
Webクリエーターを含め、クリエーターは自分のスペックを把握しておく必要があるはずですが、これがなかなか難しい。
出題される問題に差異はありますが、基本的にはWebクリエーターに必要な、Webページ作成に関する内容になっているようです。
技術が身についたという確信は、Webクリエーターとしての自信をも与えてくれるものでしょう。
なにより本当に肝心なのは、Webクリエーターとして能力が高いこと。

Webクリエーター能力認定試験とは、そもそも一体どのような課題をクリアしなければいけないのでしょうか。
大雑把な見方をすると、Webクリエーターの文字が入るとおり、Webページ作成に基づいた課題をこなさなければならないようです。
それにWebクリエーターに直接関わるような資格なのですから、習得したときの達成感は味わい深いものでしょう。
自分を鍛えなおす意味でも、Webクリエーター能力認定試験は意義あるものと言えそうです
posted by ome at 16:53 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。