営業力とは

営業力といえば、いまや企業にとっては座視できない能力のひとつではないでしょうか。
簡単に飛びつかない消費者が大多数になりつつある世の中で、物を売る、交渉するためには、個人の営業力に注目する必要がありそうです。
一言に営業力と言ってしまうとわかりづらいかもしれませんが、要するに買ってもらえるための工夫といったところでしょうか。
では営業力とはどのようにして身についていくものなのか、備えるためにはどうすればいいのか、少しだけ考えていきましょう。
昔は八百屋さんなんかに行くと、旬の野菜の情報や、鮮度についての説明、おまけをつけて販売ということがありましたが、これも営業力と言えるのかもしれません。
その営業力を支えていてくれているものこそ、人柄という基本的な能力でしょう。
紳士服売り場などの店員は、善人としか思えないスマイルであれこれと世話を焼いてくれますが、まさに営業力の片鱗を垣間見ます。

営業力の初歩として、人柄について述べましたが、もちろん営業のために身につけておくべき事柄は他にも多くあります。

営業力に関わってくる要素として、かなりの部分を占めるものは人柄だと思います。
これは技術云々以前に身につけられるもので、営業力を備えるための必要な要素であり、また、見逃せないものでもあります。
マニュアルや商品説明は覚えることで形になりますが、営業力を左右する人柄というものは、すぐに改善できるものではありません。
営業力をつけるためにも、普段の生活や習慣からモラルを正し、地道に取り組んでいくことが必要ではないでしょうか。
営業力を身につけるためには、売る商品の知識であったり、話術のノウハウ、買いそうだ、という購入者の選別能力や、相手の欲求を満たす方法など、考えればキリがありません。
商品価値とは不動のものですが、いかに相手に興味を抱かせるか、これは営業力がなければ始まらないのです。
そして興味を持たなければ、消費者は商品を見ることすらしないのですから、営業力があって初めて、商品が売れるとも考えられるのではないでしょうか。
営業力に関する知識や技を得ることで、何かが変わるかもしれません。
posted by ome at 18:53 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。