広告の営業力


それは営業力の質だけでなく、不況など、景気の波に左右されやすい広告業界の性質があるからかもしれません。
交渉を繰り返して、ようやく相手に企画などを見てもらえても、仕事が通る確率は低く、営業力を必死に高め続けなければ生き残れない世界なのです。
某大手広告社ですら清算に追い込まれたことが記憶に新しい昨今、彼らに営業力を過信する隙はなかったはずです。
決して営業力の精進を怠った結果とは思えないのに、なぜ倒産が相次ぐのか。
営業力に限らず、彼らの仕事ぶりには、他の職種でも見習えることがあるのではないかと思うほどです。営業力の助けとなる広告業界の行動力や考え方、精神的なタフさは目を見張るものがあります。
スポンサーからすれば、より良い営業力を持った相手と交渉を進めていきたい気持ちがあるからです。
スポンサーもライバル会社に打ち勝つために、広告の営業力には妥協できない面があるのでしょう。
昨今はメディアの多様化と進化に追い立てられ、企業は営業力ひとつとっても、いろんなことを加味していかなければなりません。
広告業は彼らのパートナーとして、最前線の営業力を提供していくことが求められているのです。
景気に影響を受けやすいこの業界ですが、ひとつの企業の懐を少しでも温かくできるのも、高い広告営業力ではないでしょうか。

営業力の高い広告業界について、顧客側からも少し考えて生きましょう。
営業力の強化という点で、ノウハウを熟知している彼らに仕事を依頼することは有益なものかもしれません。
近年いくつも広告社が清算したことを考えれば、高い営業力維持しなければならない業界だということは想像に難くありません。
ですが営業力を高める方法として利用するのは、一考の価値があるはずです。
高い営業力を獲得するためにも、常にネット上から、広告に関する知識を集めておきましょう。
自社の売り上げを図るためにも、広告営業力を有効活用して、ライバル企業に差をつけたいものです
posted by ome at 16:53 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。