中小企業の営業力


中小企業のような実力だけで生き残るしかない世界では、営業力の強さに一層の神経を注いでしまうものです。
それも他の中小企業に対抗しうる営業力を身につけていかなければ、現代を生き抜くことは難しいことでしょう。
しかも中小企業には営業の仕方にも限りがあり、成功している大企業から営業力を学ぼうにも、実現が難しいものも多いのではないでしょうか。
中小企業は大企業の真似ができないように、大企業では不可能な、自分達にしか手に入らない営業力を武器にしなければならないのかもしれません。
ですから、大企業の営業力を分析、研究、悪く言えば粗を探していくのです。
彼らは大きくなった分、営業力を向ける市場に目が届かない部分や、顧客意識などに注意が向かない部分があるのではないでしょうか。
中小企業が掴むべき営業力とは、大企業では踏み込めない方法を取ることのような気がします。
もちろんそれだけでは営業力を高めるには足りないため、常に新しいことに挑戦する必要があります。
そのためには大企業の営業力を研究し、独自の強みを知り、実践していかなければならないのです。
小回りが利く中小企業の身軽さで、大企業の営業力を凌げる日も来るかもしれません。
大企業の営業力から学ぶことも多いでしょうが、前述したように中小企業にとって必ず有益な効果をもたらすとは限らないことでしょう。

営業力を強化するには、中小企業はまず、大手企業のやり口を分析することが必要かもしれません。
不景気のなか、大企業に立ち向かうだけの営業力を中小企業が獲得するには、どうすれば良いのでしょう。
ライバル企業に営業力で打ち勝つためには、その新たな試みを、各人が役割を把握し、与えられた仕事をきっちりこなしていくことではないでしょうか。
失敗も多いことでしょうが、営業力アップに必要なプロセスと割り切って、突き進むべきかもしれません。
中小企業の強みとは大企業よりもすぐに動けることですから、営業力向上のためにさまざまな試みを行うことを止めてはならない気がします。
営業力アップのためのセミナーなども開催されていますので、ネットやサイトから関連情報を探してみましょう
posted by ome at 16:53 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。