リクルートの営業力


もちろん育まれる営業力は存在しますし、努力次第でどこまでも高まるものではあります。
しかし培ってきた経験によって、営業力に必要な要素は、日々、各人において知らずうちに鍛えられているように感じるのです。
個人の営業力は入社直前、スタートラインに立った時点で、違いがあるのではないでしょうか。
最小限の労力、時間で済むように、面接時で営業力を見抜き、より質の良い人材を受け入れたいものです。
営業力をがっちり補強していくためには、リクルートにおける重要性を意識していく必要がありそうです。

営業力強化のために行うリクルートですが、会社のプラスとなる人材を確保するには、どうしたら良いのでしょうか。
和を乱したり、仕事に不熱心だったり、周囲との折り合いが悪い人材を引き抜いてしまうと、営業力の低下に繋がる恐れもあります。
人柄を見抜く方法などを事前に知っておけば、経験則と照らし合わせてどんな営業力を発揮してくれるのかを予測することも不可能ではないかもしれません。
逆に言えば新卒者も、会社側が営業力アップを考え、本気で臨んでいることを承知しておかねばなりません。営業力の高い人間というのは、元来、その資質を備えているものではないでしょうか。
あくまで戦力強化のための方法として認識しておかなければ、営業力向上の道が遠回りになってしまうことも考えられます。

営業力を増強する手段として新入社員を募集しますが、使えない新卒者ばかりを雇っても意味はありません。
社全体の営業力を高めるためには、リクルートに対しても全力で取り組む必要があるのでしょう。
新卒者が持つ営業力の資質を見抜くためには、相応の知識や、情報を仕入れておく必要があります。
面接、試験だけを漫然と審査するだけでは、個人の営業力を測ることは難しいことでしょう。
心理学や統計学、社の営業力向上のためには多少の努力が必要ですが、末来への投資として、常にリクルートに有利な情報を掴んでおきたいものです。
posted by ome at 16:53 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。