オール電化の営業力


メディアや新聞の報道に上手く乗っかって行ったことも、高い営業力を発揮したと言えるかもしれません。
比較的新しいオール電化事業にとって、これほど営業力を無効化する壁はないかもしれません。
オール電化の業界でも、現状ですでに顧客の取り合いは熾烈で、営業力の低い企業の業績は芳しくありません。
オール電化に求められている営業力とは何なのか、ターゲットを絞り込んで、地道に研究、分析をする必要がありそうです。
消費者は新しいものに対して敬遠しがちな性質がありますから、昨今の普及率を考えると、関連事業の営業力が窺われます。
なぜなら、電化で勝負をかける企業は、周辺地域で幅を利かせるガス事業と営業力で勝負する必要があるのです。
深く根付いているガス文化と争うのは容易ではありませんが、営業力を駆使して勝てない相手ではないかもしれません。
これからの時代は淘汰が進み、質の良い営業力、商品を持った会社だけが生き残ることになるでしょう。
古い体制のままであぐらをかいている業者は、営業力の低下で顧客を手放すことになる可能性があるということです。

営業力を高めようとも、オール電化の顧客を増やすのは簡単にはいかないのが現状です。
古くから存在するガス事業ですが、それは営業力の精進を怠っていないからこそ続いている会社とも受け取れます。
何より、長年築いてきた信頼という強みは、どんな営業力をも凌ぐ力があるのではないでしょうか。

営業力で上を目指す電化事業も、エコなどの追い風だけでは、いずれ停滞期を迎えてしまいます。
特にキッチン周りの電化については、営業力を強化して、強気に攻めていくべきかもしれません。
オール電化の営業に有利な情報を、ネット上のサイトまたはブログなどから仕入れて営業力を高めていきましょう
posted by ome at 16:53 | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。