ケアマネージャー資格とは

ケアマネージャー資格とは、介護保険を踏まえて、要介護者の希望や身体的状態などを考えて適切なケアプランを作成するために資格になるようです。
さらに、医療の現場において、実務経験が5年以上ないと、ケアマネージャー資格の受験資格は与えられないのだとか。
日本は高齢化社会となり、介護保険の導入に伴いケアマネージャー資格が注目されているのだとか。
介護保険の仕組みを理解しているケアマネージャーは、これからますます必要となる人材のようです。
ですから、まずはヘルパー2級を取得し、その後、業務に就いてケアマネージャー資格取得を目指す方も多いのだとか。
ケアマネージャー資格を取得すれば、老人ホームへの就職や転職などに有利となるでしょう。

ケアマネージャー資格を取得するには、受験資格をクリアしていなければなりません。
簡単にケアマネージャー資格は取得できるというものではなく、この受験資格をクリアするのが大変難しいのだとか。
ヘルパー2級はケアマネージャー資格とは異なり、厚生労働省が認めた講習事業者の講習を受ければ資格を取得することができるようです。
また、介護福祉士や看護師といった国家資格を持っていない方がケアマネージャー資格を取得するには、介護などの実務経験が10年以上必要となるようです。
ですから、ケアマネージャー資格を取得して、就職や再就職を有利にしようと考える方が増えているのだとか。
ですからケアマネージャー資格を取得しておくと、福祉分野で活躍することができるでしょう。
ただ、ヘルパー2級を取得してからケアマネージャー資格の受験資格を得るには、業務に就く職場に注意しないといけないのだとか。
また、ケアマネージャー資格を取得するために実務経験が積めるという職場情報も、ネット上にはたくさん寄せられているようです。
そして受験資格をクリアして、ケアマネージャー資格を取得してほしいと思います。
ですから効率よくケアマネージャー資格を取得するために、ネットで情報を集めると良いでしょう
posted by ome at 16:53 | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。