ケアマネージャー資格の合格率


ただ、ケアマネージャー資格は受験資格を得るのが大変難しく、受験資格を得ただけで満足して受験する方も多いのだとか。
ただ、ケアマネージャー資格を取得するには、合格率よりも、試験問題に注意を払ったほうが良いと思います。
ケアマネージャー資格が設けられた当初の合格率は、4割程度だったのだとか。
ネットを活用すると、ケアマネージャー資格を取得した方がどのように勉強したか、その体験談を綴ったブログを読むこともできます。

ケアマネージャー資格の合格率は年々下がっていますが、合格者の輩出数には目標があるのではないかと見ている方もいるようです。
もしも合格者の輩出数に目標があるのであれば、ケアマネージャー資格の合格率が下がっているのは受験者が増えたことが原因と考えられるでしょう。
ですから、勉強不足の方がケアマネージャー資格を受験するので合格率が下がっていると見ている方もいるようです。
ですから、ケアマネージャー資格を取得しようと考える方が増え、それに伴い受験者数も増え、結果として合格率が下がったと考えることができるようです。
ケアマネージャー資格は何人しか合格できないというのではなく、何点以上を取らないと合格できないといった点数制のようです。
ですから、合格率を基準に考えるよりも、合格点を基準にして考えたほうが、ケアマネージャー資格は有利に取得することができるのではないでしょうか。
ケアマネージャー資格を取得するには、介護支援分野と保健医療、福祉分野で合格点を取得していなければなりません。
そしてケアマネージャー資格の合格率も、ネット上に公開されています。
ですから、ケアマネージャー資格の合格率が気になる方は、ネットで情報を集めてみると良いでしょう。
ただ、ケアマネージャー資格を取得するには、合格率よりも合格点が重要になります。
ですから、ネットでケアマネージャー資格の合格点についても調べておくと良いと思います。ケアマネージャー資格の合格率は2割程度のようです。
効率よくケアマネージャー資格を取得したいという方は、ネットで受験体験談を読むと参考になるでしょう
posted by ome at 16:53 | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。