ケアマネージャー資格の合格基準


日本は高齢者の数が増えているので、それだけケアマネージャー資格を取得している方の需要が高まっているようです。
介護支援分野と保健医療福祉サービス分野の両方がケアマネージャー資格取得の試験には出題されるのだとか。
そして、ケアマネージャー資格のどちらの分野も7割以上の点数が合格基準になるようです。
ですからケアマネージャー資格の合格基準をクリアするために、自分はどの区分が免除されるのかを知っておくと良いでしょう。
ただ、ケアマネージャー資格の試験を受けるまでに取得している資格がある方は免除される試験区分があり、合格基準は一概に7割程度とはいえないのだとか。
それだけ問題が難しくなっているというよりも、ケアマネージャー資格を取得しようと受験者数が増えているからなのだとか。
薬剤師や看護師、作業療法士などの資格を取得している方は、ケアマネージャー資格の試験では保健医療サービスの知識などの基礎問題が免除されるのだとか。
ですから、自分がどの区分を免除されるのかを理解して、ケアマネージャー資格の合格基準をクリアするために勉強すると良いと思います。
また、ケアマネージャー資格の合格基準をクリアするには、試験問題の出題範囲を知ることも大切でしょう。
ケアマネージャー資格の試験問題の出題範囲は、厚生労働省が公表してくれるのだとか。

ケアマネージャー資格の合格基準をクリアして、見事資格を取得するという方は、年々減っているようです。
免除される区分を知っておけば、その区分は勉強する必要がありませんから、ケアマネージャー資格の合格基準をクリアするための勉強を効率よく行うことができると思います。ケアマネージャー資格の合格基準は、正答率が7割程度になるようです。

ケアマネージャー資格に関する情報が、インターネット上にたくさん寄せられています。
ですから、合格基準をクリアしてケアマネージャー資格を取得しておくと、就職や転職に有利になるのだとか
posted by ome at 16:53 | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。