ケアマネージャー資格の難易度

ケアマネージャー資格の難易度は高く、合格率は2割程度となっているようです。
試験の問題の難易度が気になる方は多いと思いますが、ケアマネージャー資格を取得しようと考えたら、自分が受験資格を満たしているのかにも注意をする必要があると思います。
ただ、この低い合格率はケアマネージャー資格の問題の難易度がアップしたというよりも、受験者数が増えたことが理由になっていると考える方もいるのだとか。
ケアマネージャー資格は今、大変な注目を集めているので、受験者数が増えているようです。
ただ、ケアマネージャー資格の試験問題の難易度は元々高いので、合格するにはかなりの勉強量が必要になるでしょう。
受験資格を得るには介護福祉士や医師、看護師、栄養士など、医療や福祉の分野の資格を取得していなければならないのだとか。
職場によっては、実務経験として認められない場合があるようです。
また、医療や福祉の分野の資格を持っていないという方は、所定の福祉施設において10年以上の実務経験がないとケアマネージャー資格の受験資格は与えられないのだとか。
また、ケアマネージャー資格の受験資格を得るためには、働く職場に注意をしないといけないのだとか。
ですから100人の方がケアマネージャー資格の試験を受けたら80人の人は不合格になると思いますから、難易度は高いといえるでしょう。
ですから試験の難易度はもちろんのこと、ケアマネージャー資格の受験資格を得るだけでも大変難易度が高いようです。
そして、さらに実務経験が5年以上ないとケアマネージャー資格の受験資格は与えられないようです。
通信講座なら働きながらでもケアマネージャー資格のための勉強をすることができ、難易度が高くても合格できる確率は上がるようです。

ケアマネージャー資格に関する情報が、インターネット上にたくさん寄せられています。
そして、ケアマネージャー資格の難易度に関する情報も、ネット上には満載です。
ですから、ケアマネージャー資格の難易度が気になる方は、ネットで情報を集めてみると良いでしょう
posted by ome at 16:53 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。